ライターなんです 子育てストーリー

【ストーリー】喪中はがきの返礼の寒中見舞い

投稿日:

今年、喪中はがきが多く、年賀状が出せずにいる人がチラホラ。

年賀状が出したいんじゃなくて、相手ははがきをもらってほっとできる瞬間があったらいいなと思って、寒中見舞いを書きました。
両親とも亡くなったいとことか、あとは同級生で旦那が亡くなってしまった人とか。
かわいい雪だるまのイラストの寒中見舞い

こんなにかわいいイラストがあるんよ~。

いったい近しい人が亡くなるって、どんな気持ちなんだろうかと。
そんなの時間の問題で、自分の親も夫も、そして自分自身もいうのが、自然の摂理なんです。
そんな時一体どうなるんだろうと思うんです。

あ、そうそう、年末に大掃除していた時にお風呂の大掃除をしながらNHKの子供電話相談室を聞いていた時に事です。
人は死んだらどこへ行っちゃうの?という子供の質問がありました。

回答者は、心の中で思っているという事は、心の中で生きているんだよという風に言っていて。
なるほどなと思いながら。

でも、物理的に見えない、いないってのは何とも心もとない、
なので、せめてもの出来事で、ちょっと、はがきを送ってみた。

さすがに年賀はがきというわけにはいかず、喪中はがきのお年玉付きとかないのか?(あるわけないが、笑)と聞いたら、
通常はがき・胡蝶蘭(63円)
というのがあるとのこと。

『切手に「胡蝶蘭」をデザインしており、寒中見舞いや喪中欠礼はがきにもご利用いただけます。』
なんだってさ。

同級生には結構早々に、いとこには遅くなったけど年末頂き物をしたのでそのお礼にはがきを出しました。
人生、踏ん張らなきゃいけない時って多分あるんだよね。
その時に誰かが支えてくれていると思うだけでも、全然

-ライターなんです, 子育てストーリー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【子供と学ぶ】コロナの候、子供に本を読んでほしいなら

やはり「隗より始めよ」なんですよね~。 通勤がなくなって、本を読む時間が無くなったといっている私。 主婦が自宅で本を読むのは、結構至難の業。 なぜか? 家の中って、やることがエンドレスだから。 ンで、 …

【高校受験】短縮版卒業式に臨席して

いや、アリだと思った。笑 お涙頂戴の歌とかとか呼びかけは減らす。 来賓はいるだけでいいと思う、挨拶いらん。 卒業証書は確かに個々人にあげたほうがいいかも。 こういう中でも、校長式辞は普段の長さでした。 …

吹奏楽

【子育て】中学の部活、どうする?

中一の娘が、部活を決めましたよ~。 吹奏楽部ですって。 うちは、長女が吹奏楽部(中学も高校も)。 次女は、中学は陸上部。 そして、三女は、吹奏楽部だそうです。 美術部にするかどうかさんざん悩んでたけど …

【子育てストーリー 】悲喜こもごもな保育園登園風景その後

東京の桜はまだ木にくっついて、なんとかちらずに頑張ってますね! 先日の親子、ほぼ毎朝、桜並木ですれちがいます。 半ベソだった弟くん、口をとんがらかしながらも、笑、なんとか足を前に進めて保育園に行けるよ …

【子育てストーリー】人は思い出で出来ている

モノレールはですね、結構沿線にいろいろな思い出が多くてですね、妙に感傷的になっちゃうんです。 そんなところを通りながら、次女のラストラン@陸上部を見に行ってきました、大井ふ頭公園陸上競技場まで。 彼女 …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!