子供と一緒に学ぶ

【子供と学ぶ】フラれるかもしれない、という覚悟

投稿日:

なんでそう思ったかというと・・・。
学校支援コーディネーター(地元小学校でやっています)のボランティアで、子供たちに新しい体験をしてもらう!という体験型の講座の企画運営をやっています。
その中にわたしが言い出しっぺの完全に趣味の領域としての2つのことを新規講座として入れたんです。

その一つは、ドラム講座。
私が講座をするわけではないですが、一緒にバンドをやっているドラマーにお願いしてドラム教室をお願いしました。

工作や実験などの安定の講座(いつもレギュラーでやっている講座)もある一方、新しいのは果たして人が集まるのかどうか?募集してみないとわからないという心配があったのです。
途中集計が出まして、どちらも定員を上回る応募がありました!イェーイ!笑

講師の方にお願いしたのもわたしなので、色々予防線張ったりして、笑、最悪全然応募無しも想定したりして。
フラれるかもしれない、といのは、そういうことです。
男女の話ではありませんでした。笑

企画して空振りに終わることもあるけど、ヒットする場合もあるわけで。

ドラム教室は、本当に完全に趣味の講座だったので、本当に心配でした。
いまどきバンドやりたい子なんているんだろうか?
楽しみがいっぱいあるじゃないですか、今の時代。
わざわざバンドやるより、打ち込みの方が早いじゃん、みたいな。

でも、やっぱりバンド的な音楽が好きな子がいて、ドラムなんてやってみたい!なんて子がいてくれてとっても嬉しかった。
やっぱり「共感」って大事なんですよね、気持ちいいんですよね。

まあ、どうなるかは、また今度ご報告します~。

-子供と一緒に学ぶ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【子供と一緒に学ぶ】朝顔の芽が出たよー

小学校1年生がいなくなっても、毎年続けている朝顔の種まき。 芽が出たよー。 多分芽が出たのは、袋に入った頂き物の種。 自家製?のタネはなかなか芽を出さなかった去年でしたが、今年はどうかな?

【親子で学ぶ】勉強は知力の困った時貯金

会社の帰り道、解体現場で外国人労働が声高らかに、笑、ケンカしています。 解決法を見出す時に、ふと昔習ったことを思い出します。 やはり、勉強って、しておくと人生の困ったの解決に早くたどり着けるんです。 …

【子供と学ぶ】アーカイブ・2014/11京王電鉄の運転士さん、細矢さんがキャリア教育の先生としていらしてくれました!

2014/11 京王線の運転士さん、細矢さんが小学校6年生の「キャリア教育の先生」としていらしてくれました! いろいろな仕事の中の一つとして、電車の運転士さんが初登場です! 21年間京王線を運転してい …

【今回も口の話】先生方の嬉しいコトバ

ここしばらく、過去にライティングした歯科医院さんの先生に褒められる。 ついでに、グーグルさんにも褒められる。=結構なビックワードでトップ表示という栄誉。 うほほい! 先生直々にお電話いただいたり、恐縮 …

寺

【子供と学ぶ】「九品仏浄真寺」と「般若心境」の意味

「わかるということ」 こないだの日曜は、主人のお父さんの命日でした。 その際、お経を読むのですが、なんのこっちゃわかりませんよね、意味って。 お葬式や法事などでお坊さんが読むのを聞いていて、「なんて意 …