子供と一緒に学ぶ 子育てストーリー

【子育てストーリ】コロナで得たものも、ある

投稿日:2020年4月22日 更新日:

・青空オフィス(家庭内3蜜を避ける!、気分転換、案外集中できる)

⇒しかーし!こんな切ないお知らせ。
蘆花恒春園 公園利用自粛について

でもね、家庭内3蜜もどうかと思うのよ?
子供が小さければいうことは聞かないし、大きければ面積および体積をとるわけで。笑
適度な距離があるからこそ仲良くできるってのもあるでしょう?(特に夫婦)

ああこれからどうしようか思案中です。

・コロナで得たもの→子供たちの家事スキルアップ
うちは家事を担当制にしました。
ちなみに、三女の担任の先生はクラスの係を「○○大臣」と呼んでいました。
ナイスアイデア!
家族にかじをお願いする場合、自分のやり方を押し付けないことと、ほめるがコツなんだそうです。
主婦歴が長くなればなるほど、自分のやり方が染みついて、それ以外の方法をダメ出ししてしまいがちですもんね。

・コロナで得たもの→どうして勉強しなきゃいけないの?

いい加減、子供たちも学校に行かないことに関して不安になってきた模様です。
中学生は、近隣の学校とやっていることが違うと(ホームページに課題が掲示されている)遅れを取っていると思うようです、思ってくれるようです。
学校は当たり前じゃないことを学ぶとてもいい機会だと、私は考えています。

長女の小学校の時の担任の先生が言っていたことを思い出しました。
「悩みは学びです」
うむ、名言だ。

・コロナで得たもの→家族のITスキル

リモートするときにネットのあれこれを調べないとならないですよね。
会社だと誰かに聞くこと出来ますけど、うちだと誰も頼れない、それが案外大事。
いやでもズームを使わなきゃならない、頑張って自分で調べて設定する、これ案外大事な経験、スキルっす。

-子供と一緒に学ぶ, 子育てストーリー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【家計管理】私立500万、公立250万~大学でかかるお金

こないだ、仕事で早稲田理工学部のキャンパスの近くまで行ったので、失礼して学食でお昼ご飯食べて来ました。 その時に事務所でいただいて来た入学案内です。 まあ大体、毎年100万円強。理工系は150万強。あ …

【ためになった本】 ビリギャルの先生も紹介していた「平気でうそをつく人たち」/M・スコット・ペック(森英明)(草思社文庫)

「平気でうそをつく人たち」 最近では国会らへんにウヨウヨいますね〜。笑 あまり笑い事では、なくなってきていますが。 高圧的な態度の人がいて、恐れ慄いて暮らしている人にとっては、膝を打つ本になります。 …

【楽しんだもん勝ち】大人になるという事は、自分で決める、決断できるようになる事

という意味では、うちの次女は、大人っすよ。(笑) なぜなら、自分の進路を自分でウンウン唸って決めたから。 なんか人から嫌なことされると、そのことでグルグル回って前に進めないけど、 楽しまないとね。 と …

【ストーリー】喪中はがきの返礼の寒中見舞い

今年、喪中はがきが多く、年賀状が出せずにいる人がチラホラ。 年賀状が出したいんじゃなくて、相手ははがきをもらってほっとできる瞬間があったらいいなと思って、寒中見舞いを書きました。 両親とも亡くなったい …

【子育てストーリー】使い終わった教科書やノート、そしてテストってどうしている?@大掃除

うちも年末の波にのまれ、大掃除をしています。 幸い、高校受験の長女は、お友達のうちで勉強会を開いてくれているので、お邪魔して年末年始も勉強です。笑 さて、こちらはその間に掃除を進められるわけですが、い …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!