子供と一緒に学ぶ 楽しんだモン勝ちストーリー 都立高校受験のイロハ~入試・入学後

【楽しんだもん勝ち】自分のブランディング、大学、高校・・・徒然なるモノローグ

投稿日:

はい~私の大好きなテレビ番組。
知恵泉です、しかも今回は真田親子!

真田昌幸・信繁、すなわち、NHKの大河ドラマ「真田丸」でいえば草刈正雄、堺雅人さんですね。
うちのお嬢さんたちも私も、大好きでした、あのテーマ曲にもしびれます。

知恵泉、略して「ちえいず」は、ブランディングの話でした。

お父さん(草刈さん)が上田合戦(徳川秀忠軍3万8千の軍勢を3千の兵でやっつけたレジェンド戦)で勝ったことで超ブランディングされたんだけど、九度山に真田さん一家が蟄居され後、お父さんが死んじゃっけど豊臣勢に加勢出来るとなったとき、息子が「こんな作戦で」と言っても信頼してもらえなかった。
おとーさんはすごいけど、息子はすごくないだろう、すなわちその時の堺さんにはブランド力がなかったという話。
そうだったんだ~。という感じでした。

から転じて、昨日の買い物に行った時のスーパーでの事。
次女のお友達のお姉ちゃんが大学に入ったのは知っていたけど、立ち話でお母さんと話したら某A大学に指定校推薦で入ったとのこと。
やっぱり、A大学と聞けばみんな「へー」って思う訳ですよ。
実はその子、指定校で早い時期に決まっていたことは知っていました。
でも、まだまだ奮闘中の他の受験生の手前チャラチャラと喜べないとそのお母さんは言っていたのね。
大体どこの学校に行ったか?わかるのは、今くらいの時期なんです。笑
受験後すぐは、案外みんなカミングアウトしない。

みんながしっているような「○○大学に行く」っていうことは、ブランディングだなと思うわけです。
個人的には、その必死こいて勉強する受験勉強というプロセスがとても大事だと思っているのですが、いざ簡単に決まっちゃったうちの話を聞くと、揺れます、正直。笑

なぜなら、お金も、労力も気力も最小限で済むから。

平成30年度(2019年1~3月)の受験は、かなりしょっぱくて、2ランク下げた大学でも受からなったという話も結構聞こえてくる中で、そんな話ですよ。

なんだか、どうなんだろう??

という一方、すごく子供の受験に肩入れしている親もいるわけです。
正直言って子供は親のブランドのバッグじゃない!!って(前にも書きましたが)思うんです。
「うちの子、○○行っているんですよ」って言いたい。
というのがちょ~っとちらちらする。
完全にロール―パンナちゃんの青いハートの部分ですが。笑

ちょっとクールダウンして・・・。

うちのお嬢さんたちは、自分たちがやっていて楽しい事のため、進路を定めてほしい。
それが必ずしも大学でなくてもいいと思う。
いろいろ紆余曲折あっても、いいと、思えるような、頑張って俯瞰できるように、頑張りマッスル~。

以上、かなりモノローグでした。

-子供と一緒に学ぶ, 楽しんだモン勝ちストーリー, 都立高校受験のイロハ~入試・入学後

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【都立高校】行かないわけにいかない、私立説明会の感想

都立高校を第一志望にしているからといって、都立高校だけしか受験しないというわけにいきません。 推薦と一般受験と二度チャンスはありますが、とはいえ滑り止め的なとこがないとまずいからです。 何せ設備が素晴 …

【高校受験】今更ながらビリギャル読みます

図書館で途切れず本を借りていますが、たまに読みたい本が途切れることがあります。 その時に見つけた本、ビリギャルを読んでいます。 たまたま付けていたテレビで、映画を見たことがあるですが、あの電車男に出て …

【都立高校受験】冬季講習見積もり

といっても、夏休みにビックリしているので、笑、かつ、概算を聞いていたのでそんなにビビりません。 が、40万。 でも、もうここまでくると、 というのも、実力を顧みず、笑、三姉妹いる我が家としては是非行け …

【都立高校/大学受験】画塾の一日体験行ってみた

新宿美術学院に行ってきました。 はっきりいって、未知の世界ですよ、美大とか、画塾とか。 美大(東京芸術大学、武蔵美術大学、多摩美術大学など)に行くには、丸腰では挑めなく、画塾になるものに行ってデッサン …

本

【子供と学ぶ】どうして本を読むの?

こんな理由です。 普段自分がいる環境以外を想像できる。 自分が今大変でも「もっと大変な人いるんじゃん!」とか、 「あー楽しいな!」とか、 違う世界にトリップできる、気分転換できるのです。 お恥ずかしい …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!