子育てストーリー

【子育てストーリー】PTA役員クジ、当たってもた!

投稿日:2018年12月10日 更新日:

子供の小学校の保護者生活10年、11年目になる最後の年、今までずっとなんとか役員(会長とか書記とか校外委員長とか・・)選出のクジを当たらずにきていたので、

「まあ、当たんないモンでしょ?クジなんて」

と思っていたのですが・・・。

が。

が!

当たってしまいました!泣

しかも、PTAの係り(運動会係とか)やお手伝い(芝刈りとか)ではなく、PTAの本部役員選出のクジに。

去年も当たったんですよ、三女の行っている小学校は学級代表、略して「学代(がくだい)」。
そのクジのリストを編集した当事者、なのに。。(実際に作ったのは、他の人ですが)

中学校は選挙管理委員会、略して「選管(せんかん)」。
しかも中学は、2年連続年度頭のクジであたり、今年はおかげさまで結構イロイロ分かる余裕の選管っぷりでした。苦笑

おまけですが、別でくじも当たりました。

今、作戦考え中です。

-子育てストーリー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【子育てストーリー】人は思い出で出来ている

モノレールはですね、結構沿線にいろいろな思い出が多くてですね、妙に感傷的になっちゃうんです。 そんなところを通りながら、次女のラストラン@陸上部を見に行ってきました、大井ふ頭公園陸上競技場まで。 彼女 …

【楽しんだもん勝ち】早く気づいて決めたもん勝ち

まあ勝つという表現は微妙なんですが。 でも好きなこと、やりたいことを早く見つけるとアドバンテージ岡!byエースをねらえ!なんですよ。笑 決まれば準備も余裕を持って出来て、次のステップへ踏み出すことが出 …

【ためになった本】 ビリギャルの先生も紹介していた「平気でうそをつく人たち」/M・スコット・ペック(森英明)(草思社文庫)

「平気でうそをつく人たち」 最近では国会らへんにウヨウヨいますね〜。笑 あまり笑い事では、なくなってきていますが。 高圧的な態度の人がいて、恐れ慄いて暮らしている人にとっては、膝を打つ本になります。 …

【役に立った本】やっぱり反抗期は正常な発達段階 →毒親の正体/ 水島広子

思わず膝を打ちましたよー。 点が線になりましたよー。 反抗期はバンザーイ、なんですよー! 大人になるプロセスとして必要な反抗期というプロセス 子供が反抗期を迎えるにはなにが必要か? 安心です。 自分が …

【高校PTA】新役員の飲み会に参加する「メリット」とは?

小学校や中学校ではあまりないのかもしれませんが、旧PTA役員のお疲れ様&新役員の懇親の意味を含めて飲み会がありました。 前年度の最後の飲み会も、広報委員(昨年度は広報委員)として行っていて二回目なので …