ためになった本

【ためになった本】人間は9タイプ/坪田信貴

投稿日:2018年2月20日 更新日:

この本はですねー。

普段の本の入手ルートが専ら図書館の私ですが、買いたくなった本です。

坪田さんの書いた「ビリギャル」も読みました。
それを読んだときも思ったことですが・・・「やっぱり分かりやすい&共感するっ文体って、超大事じゃん!」。
難しい言い回しじゃ読む気しませんし、それと本の中でのボケツッコミが満載という。。
個人的には、こんなライティングを目指したいのですが、仕事では必ずそうさせてもらえないです。

気になる内容は。。
下記画像の文章は、体を動かしていると結構悩みって消えちゃう、的な内容。

人生はRPGってのもわかりやすかったな。
敵=困難をやっつけてどんどんレベルアップしていくって解釈!

あたしが一番なるほどと思ったのは、統率者タイプの悪性進化版に登場する「恐ろしい人」のところに紹介されていること。
やはり「君子危うきに近寄らずは、あってるジャン!」と膝を打つ内容だったのです。

 

というわけでその元ネタ?になった本「平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学(M・スコット・ペック)」という本を今、読みすすめています。
(もちろん図書館で借りて)

「どうして自分がこんな言われ方しなきゃいけないんだろう!?!」
と思うような人が周りにいる場合、絶対読んだほうがいいです。
私の周りにもいて「なるほど、そういうメカニズムだったのか」と思うと、とっても気が楽になります。

つづきは次のブログで!

-ためになった本
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ためになった本】 ビリギャルの先生も紹介していた「平気でうそをつく人たち」/M・スコット・ペック(森英明)(草思社文庫)

「平気でうそをつく人たち」 最近では国会らへんにウヨウヨいますね〜。笑 あまり笑い事では、なくなってきていますが。 高圧的な態度の人がいて、恐れ慄いて暮らしている人にとっては、膝を打つ本になります。 …

【ためになった本】散るぞ悲しき

「硫黄島からの手紙」という渡辺謙の出ていた映画にもなっているのね。 栗原中将のおうちが、なんと東松原だった!毎日電車で通っているジャン!みたいな。笑 東京新聞の書評?を見て、図書館で借りて読みました。 …

【ためになった本】思考は具現化する/ナポレオン・ヒル

実はこの本を読むのは二度目です。 (ちょっと自己啓発系って胡散臭いし、こっぱずかしいんですけれど) どうして二回目に挑んでいるか? 受験の結果も「思考は具現化する」なのか?と思ったからです。 てか、受 …

【ためになった本】臨終の七不思議/志賀貢さん

人が亡くなる時には、いろんな予兆があるようです。 どんどん臓器がダメになって行くそうで・・・。 例を挙げると、喋れなくなる、 なので、私が目指す「死ぬ前の日までビールが美味い」は、なかなか難しい&#0 …

【家計虎の巻】医療費助成制度が「消滅」した・・

何のことか?といいますとね・・・ 「子供が病院に行ってもお金掛からないのは、もうおしまいです」 って通知です。泣 住んでいる自治体は、中学卒業までは子供の医療費がタダなんです。 なので、小児科に行くの …