ためになった本

【ためになった本】散るぞ悲しき

投稿日:

「硫黄島からの手紙」という渡辺謙の出ていた映画にもなっているのね。

栗原中将のおうちが、なんと東松原だった!毎日電車で通っているジャン!みたいな。笑

東京新聞の書評?を見て、図書館で借りて読みました。

こういう戦争関係の本を読むたび思うことは、
意地の張り合いから戦争が生まれて、無駄に長引くんじゃないかと。
どっちを向いて戦争をしているのか?上司のほうを向いて戦争しているんじゃないかと。

とにかく、栗原さんは、うちのおじいちゃんも言ってましたが、何でアメリカなんかと戦争したんだ、と。
勝ち目ないじゃん、と。

うちのおじいちゃんが言ってたのは、戦後にニューヨークに行ってエンパイヤステートビルに行ったときに
「何でこんな国と戦争しちゃったんだろう」と思ったということ。
エンパイヤステートビルは、戦前の建物です。

栗原さんも、陸軍のエリートで、アメリカに何年か留学していて、とてもいい人たちばかりでと思っていたから、アメリカとは戦争をしたくなかった、とのこと。
それ以前に、とても国力は日本に勝ち目がないって思っていたみたい。

栗原さんとおじいちゃんの話が、点が線になったわけです。

まあ、プライドなんて煮ても焼いても食えない、というところかな。

そして、ただバンザイ攻撃などの潔く散ることが美徳とされる考えでなく、彼はどこまでも合理的だった。
東京大空襲など、本土を焦土にした空襲は、硫黄島が(ほぼ)落ちたことで、出来た、と。
サイパンやグアムからB29が行ったけど、そこを経由まではしないけど、帰りに不時着したりね。

硫黄島が足場になるから、一日でも長く陥落しないように合理的に進めた。のが、この人。

映画見ようっと。

-ためになった本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ためになった本】思考は具現化する/ナポレオン・ヒル

実はこの本を読むのは二度目です。 (ちょっと自己啓発系って胡散臭いし、こっぱずかしいんですけれど) どうして二回目に挑んでいるか? 受験の結果も「思考は具現化する」なのか?と思ったからです。 てか、受 …

【ためになった本】嫌われる勇気

お盆休みを前に、仕事は今、ライティング追い込み中。 もうすごい集中して書くので(別にPCで打ち込んでいるので、鉛筆は持ってないんですよ) 頭が痛くなってきます。 仕事なので、自分の好きなテーマじゃなく …

【タメになった本】大・大往生/鎌田實

正直言って、とても世話になった叔父がなくなって、自分の知っているプロセス(病院で亡くなっても、うちに帰ってくる。お通夜)を経ずのお葬式だったので、ちょっと心の準備が必要と思って、手にとって見た本です。 …

【ためになった本】 ビリギャルの先生も紹介していた「平気でうそをつく人たち」/M・スコット・ペック(森英明)(草思社文庫)

「平気でうそをつく人たち」 最近では国会らへんにウヨウヨいますね〜。笑 あまり笑い事では、なくなってきていますが。 高圧的な態度の人がいて、恐れ慄いて暮らしている人にとっては、膝を打つ本になります。 …

【ためになった本】臨終の七不思議/志賀貢さん

人が亡くなる時には、いろんな予兆があるようです。 どんどん臓器がダメになって行くそうで・・・。 例を挙げると、喋れなくなる、 なので、私が目指す「死ぬ前の日までビールが美味い」は、なかなか難しい&#0 …