ためになった本

【ために立った本】ヒトは「いじめ」をやめられない

投稿日:2018年1月21日 更新日:

脳みそ@前頭葉が、30にならないと熟成しないって。。
そりゃ、中3男子に落ちつけてのは無理だわ。
さらに、テストステロンというアグレッシブになるホルモンが小学校高学年から中学校までマックス分泌らしい。

この間、PTAの係で道徳の授業を観て、その流れで道徳の授業についての意見交換会がありました。
道徳の授業は、5時間目からだったので、少し早めに行って給食と片付けた昼休みのタイミングを見ていたら。
中3男子、全力で廊下走りますからね。汗

小学校高学年の男子とか中学校男子を見ていると、パワーがあり余っていて、そのエネルギー、発電しない?って毎度思います。笑
学校に、自転車を漕いで発電する機械があったらいいのに・・・と、わんぱく野郎みると、その都度思います。

ずっと長女に「学校公開に来ないで!」と言われていたので、忠実に守って、笑、行かなかったので、中学の様子は分からなかったのです。
が、PTAの係という大義名分を得て、見に行くとそんな場面に出くわし。

という経験が、ついに一昨日あったので、確かにホルモン満載やな、と合点が行きました。

まあ、いずれにせよ、脳が未成熟ということをよくよく認識して相手しないとだめってことね。

-ためになった本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ためになった本】散るぞ悲しき

「硫黄島からの手紙」という渡辺謙の出ていた映画にもなっているのね。 栗原中将のおうちが、なんと東松原だった!毎日電車で通っているジャン!みたいな。笑 東京新聞の書評?を見て、図書館で借りて読みました。 …

【睡眠こそ最強の解決策である】寝ることはサイコーの薬

久しぶりに、こんなに付箋つけまくって本読むのはひさしぶり! それと、会社での昼寝の深さが深まった(ぐっすり寝ている感がする)、のは、この本のおかげです。 ぶっちゃけ、子供たちが行っている学校で、ぜひ昼 …

【タメになった本】大・大往生/鎌田實

正直言って、とても世話になった叔父がなくなって、自分の知っているプロセス(病院で亡くなっても、うちに帰ってくる。お通夜)を経ずのお葬式だったので、ちょっと心の準備が必要と思って、手にとって見た本です。 …

【タメになった本】ハーバードの人生が変わる東洋哲学

だよねーだよねー。 たしかにラフマニノフ聴いてると浄化される。 バンドやってると真っ白になれる。 超大義名分。 音楽も詩も気を整えるんだってー。 やっぱり自分の気を整えるのは大事なんだ。 そのために、 …

【役に立った本】やっぱり反抗期は正常な発達段階 →毒親の正体/ 水島広子

思わず膝を打ちましたよー。 点が線になりましたよー。 反抗期はバンザーイ、なんですよー! 大人になるプロセスとして必要な反抗期というプロセス 子供が反抗期を迎えるにはなにが必要か? 安心です。 自分が …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!