家計管理の虎の巻

【家計管理の虎の巻】iDeCo(イデコ)って何?

投稿日:

住宅ローンの控除(控除とは、天引きされている所得税から、税金が戻ってくる事、サラリーマンの場合)も、もう住宅購入して10年たったのですっかりなくなり、まるっと所得税や社会保険料を持っていかれている今日この頃。

こんなのがあるという事を発見しました。

iDeCoとは|いま最強の節税術、個人型確定拠出年金を図解する

証券屋さんのサイトもあるのですが、このサイト、とてもわかりやすい!
やっぱり、噴出しは、親近感もありわかりやすさ倍増ですね。
自分でやったサイトでも一部導入していますが、それなりに手間がかかる(汗)のと、歯科医院の先生でそこまでゆるい?感じを許容してくれる医院さんばかりではないので、なかなかやれてないのが実表です。
でも、他人様が作ったサイトだと、やっぱりいいじゃ~ん、とひざを打ちます。

あと、イラストも大事ですね。
残念ながら、どうにもイラストが下手っぴなので、なかなか書こうという気にならないのですが、言い訳していないで、少しずつ書いていってみようかなあ。。
上手い下手じゃなくて、ポイントはわかるかわからないか?です。
変な話、棒人間だっていいんだとおもいます。

と、横道にそれましたが、私なりにイデコってのをまとめてみると(備忘録的な・・)

●確定拠出型年金(自分で積み立てる年金)
●10年以上かける機関が必要(それ以下では解約できない)
●60才まで払い戻しできない(途中で積み立てやめる事はできる)
●住宅控除のように、所得税と住民税や安くなる
●運用益に税金かからない
●途中で積立額の変更が出来る(1年に1度のみならOK)
●SBI証券にはひふみ年金がある

それもこれも、長女の塾代が家計を圧迫しているので、その費用を貯金に手をつけずにいかに捻出するか?に注力いているからです。

私立大4年間の教育費:平均520万円程度

一括で支払えない場合は、奨学金や教育ローンを活用すれば無利子~低金利で借り入れ可能です。
これらの返済によって生活が圧迫される場合は、iDeCoの積立額を減らしたり、一時的に停止するという選択肢もあります。

とはいえ、この場合はローン金利よりiDeCoの節税効果のほうが上回るので、積立額は上限まで利用してローンを長期返済するのが効率的です。
iDeCoを受け取り次第、繰り上げ返済するのがよいでしょう。

下記サイトより引用させていただきました。ありがとうございます。
iDeCoとは|いま最強の節税術、個人型確定拠出年金を図解する

-家計管理の虎の巻
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【家計管理】IPO、ソフトバンク、残念ながら濡れ手に粟とはならず

そういえば、昔、メルカリ上場のときもIPOやってみたんです。 でも見事に抽選に外れました。 今回も、結構ネットで情報、探しました。 基本、初値で売り抜ける的なことが書いてあるサイトもあり。 なので注文 …

【虎の巻】キャッシュレス悲喜こもごも

記事を書こうと思って気が付いたんです。 以前は食費のお金を袋分けしてしていたんです。 ところがね、カードやら、キャッシュレスやら、いろいろ使い始めると、結局いくら使っているのかわからない。 うちの近く …

【家計管理】まてよ、所得税分を前借りできる資金があれば、イデコで丸儲け?

色々考えたんですよ。 年末調整で返ってくるのであれば、その分の積立はプラマイ0でないかい?? うちに帰って、さっそく所得税チェックです。

【家計管理】株主優待ラッシュ!再び、株買おう

9月末って、決算てとこ多いですよね。 うちは子供たちが進みたい進路があって、結構な出費になるのですが、何とか夢を叶えて(ドラえもん!笑)あげたい! ので、金策をしている、というか、どんなお金や資産があ …

子供たちの証券口座をどこにするか?それが問題だ

子供たちの証券口座をどこにするか考えています。 【そもそもの状況】 普段SBI証券を使っています。 長女は、証券の未成年口座をジュニアNISAをやろうと思ってSBI証券に証券口座を開設済みなんです。 …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!