ためになった本

【ためになった本】臨終の七不思議/志賀貢さん

投稿日:2017年12月26日 更新日:

人が亡くなる時には、いろんな予兆があるようです。
どんどん臓器がダメになって行くそうで・・・。

例を挙げると、喋れなくなる、
なので、私が目指す「死ぬ前の日までビールが美味い」は、なかなか難しい&周りの人が何の心の準備が出来ていない状況なのでしんどい、と言う事。

お医者さんの書いた本は、得てして単語がわかりづらいのだけど、素人でもわかるように書いてあった。
私のライティングのモットーは「中学生でも分かる文章」。
この先生の文章も分かりやすくて、本当に助かりました。

面白かったのが、カラスが鳴くと死期が近い。(死臭がするのではないか?という話もあるが、実際は違う、でもその現象は起きる)
死期が近づくと、見えない人が見えるようになる。(お迎えにくる)
あとスケベになる。(本能的になる)
看護士さんのおしりを触ったりするおじいちゃんもいるそうで・・。

ちなみに「葬式代は用意しておけ」という事でした。
それすらも用意しておかないと、親族が引き取りたがらないケースもあるようで。

-ためになった本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【歯と口の話】全身も診る歯医者だけが、生き残る

仕事柄、歯医者さんの先生とお話しすることが多いんです。 今日、インタビューした先生は、なかなか個性的な先生で・・。 歯に衣着せなさすぎて、聞いているこっちがヒヤヒヤするような事もありましたが(笑)、で …

【睡眠こそ最強の解決策である】寝ることはサイコーの薬

久しぶりに、こんなに付箋つけまくって本読むのはひさしぶり! それと、会社での昼寝の深さが深まった(ぐっすり寝ている感がする)、のは、この本のおかげです。 ぶっちゃけ、子供たちが行っている学校で、ぜひ昼 …

【ためになった本】 ビリギャルの先生も紹介していた「平気でうそをつく人たち」/M・スコット・ペック(森英明)(草思社文庫)

「平気でうそをつく人たち」 最近では国会らへんにウヨウヨいますね〜。笑 あまり笑い事では、なくなってきていますが。 高圧的な態度の人がいて、恐れ慄いて暮らしている人にとっては、膝を打つ本になります。 …

【ためになった本】男が痴漢になる理由/斉藤章佳

こちらの本、子どもたちの目に触れないように、ちょっと気を遣いました。笑 痴漢をする男性は人間関係が苦手で、それが遠因で暴力行為に及ぶ。 コミュニケーションが苦手で他人を尊重できない性質が ストレスのは …

【役に立った本】スタンフォードでいちばん人気のある授業

決めるってさ、たいへんなのよ、やっぱり。 こないだ今までのネット関連や携帯の契約関連の書類を処分するんだって、ほんと気力いるもん。 ルーティン化すると、決めることのエネルギーを浪費せずにすむとのこと。 …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!