都立高校受験のイロハ~入試・入学後

【都立高校受験】よくよくノートを見返してみた

投稿日:2018年1月21日 更新日:

ライターという商売上、むやみやたらにメモしたい習性がありまして。。

子供の高校受験にあたっても、ノートを取り続けてきました。

ノートをとる利点として(板書じゃなくて、人が言っていることを自分の言葉でノートを取る)

  • 情報を一元化しやすい⇒「あれってどうだったっけ?」というときに、すぐに探せる
  • 自分の言葉に置き換えて紙に書くので、頭にも結構残る
  • 人に話すときに、説得力をもって話せる⇒聞いた話は、頭の中に残るのは、たぶん5%くらい。
  • というところであります。

    これってね、都立の推薦の作文の大事なことに結構つながっていく。
    とりあえず、骨組み、アウトライン、とかの大事なところを作っていく作業と同じなんですね。

    それと、山本五十六の話。
    「やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」
    の一環になるんです。

    高校の説明会に行って、せっせとそのノートにメモしていたのですが(私がね)、私のいけないタイミングの高校の説明会があったとき、長女自身がメモしてきたノートが秀逸だった!
    今になってみると、結局受けない高校だけど、その行為をしてくれたことがとてもうれしかったんですね。
    かつ、彼女の力になっていることは間違いないと思ったので。

    「やっている背中を見せる」ことが大事なんですね。

    ま、自分も子供も勉強し続ける、それが大事だし、実はけっこう楽しいにつながる、ということです。
    無知の知、をして、さらに知ることの楽しさをもっともっと実感してほしいなあとおもっている今日この頃です。

    -都立高校受験のイロハ~入試・入学後
    -

    執筆者:


    comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    関連記事

    【都立高校】行かないわけにいかない、私立説明会の感想

    都立高校を第一志望にしているからといって、都立高校だけしか受験しないというわけにいきません。 推薦と一般受験と二度チャンスはありますが、とはいえ滑り止め的なとこがないとまずいからです。 何せ設備が素晴 …

    【都立高校受験】いろいろな人が応援してくれます

    長女の部活にいた先輩のお母さんから、応援のメッセージがラインできたり、 会社の人が出雲大社で合格祈願のお守りかって来てくれたり。 孤軍奮闘じゃないなと思う、高校受験です。 塾からも、受験の後の高校生活 …

    吹奏楽

    【都立高校受験】吹奏楽部の部活体験に行ってみました

    都立高校を目指す人は行っておくといいです! 行きたい学校の部活体験に行ってみると、学校のリアルな姿を知ることができます。 予約フォームから申し込みました。 ちなみに保護者同伴がいいかどうか悩みます。 …

    【都立高校受験】塾どうしようか?

    うちは三姉妹なのですが(現在高1、中2、小5)来年度は、今度は受験生。 長女は、あまり勉強好きじゃないんです。 去年の受験の時も、3年になるときから塾に渋々行きはじめ(笑)、吹奏楽部の引退が3年の10 …

    【都立受験】どこからどうやって塾代を工面しようか?

    大学の学費は、ある程度計算しています。 塾も、もちろんかかるとは思っていました。 でも、まさかこんなにかかるとはねえ、というのが正直なところです。 夏期講習のときに、塾の出してきた数字そのままは厳しい …