都立高校受験のイロハ

【都立高校受験】高校学校見学記 その1

投稿日:2017年8月13日 更新日:

無事、夏のコンクールも終わりいよいよ学校説明会の
本腰が入ります。
コンクール明けの月曜日、同じ私鉄沿線の学校説明会へ。
今都立高校は、学区制が廃止され東京都ならどこへでも、大島でも八丈島でも三宅島でもいける時代ですり
ま、そこまで行かないにしても、笑、旧学区では行けなかった高校です。
同じ沿線を下るので電車は空いています。

早すぎるかなと思ったのですが、ちゃんと30分前にもかかわらず在校生達が門のところに立ってお出迎え!
よく焼けているので水泳部?と聞いたら、ハンドボール部でした。
爽やかな挨拶から始まる、幸先のいい説明会。

早かったので説明会は一番前の席を陣取れました。
これが案外いい。
なぜか?
他の生徒の状況が目に入らないので説明会を集中して聞けるのです。
余計な情報が入ってこないのです。
というわけで、このブログも書けるわけで。

まずは校長先生のお話がありました。
印象に残っているのは、やっぱりこうしたほうがいいというところを直せる先生だなというところ。
例えば勉強合宿に姉妹都市になっているところに3時間半かけていっていたのを、近場にして移動時間を1時間半に変えた。
確か、木島平を水上にかえたと。
修学旅行は平和教育を軸にするとのことで、そうすると、沖縄、広島、長崎というところが思い当たり、やはり沖縄というリクエストは多いとのこと。
でも、沖縄や長崎だと予算の関係上、2泊3日でしかいけないので、3泊4日が許される広島に設定している、そして、去年まで出雲に言っていたけど、これまた移動時間がかかりすぎて勿体なので、広島から海を超えて四国に渡り飛行機で東京へ帰ってくるルートに変えたとのこと。

「面倒くさいから、前と同じでいいや」と思ってしまうんじゃないかと思うところも、ちゃんと改善していってるところがとてもいいなと思いました。
そんな大人の姿を見て、子どもたちも思うところはあるはずです。

あと、もう一つポイントが。
校内を案内してくれたのが、在校生だったのですが、購買で売っているパンが美味しいと。
学校の斜前のパン屋さんで売ってますとの耳寄り情報をキャッチしたので、早速帰りにそのパン屋さんによってみました。
おすすめはコロッケパンとのことだったので、ゲット。
たしかにボリュームがあって美味しかったぞ!

それと、小学校の先輩が行っていて、先輩のパパ情報で、のどかでい学校ですよとのこと。
長女はゴミゴミした都会は好きでないので、うってつけですね。
学校から歩いて3分のところに河川敷があって、そこで金八先生張りの青春ができるとかできないとか・・。

あと、駅から近い。
これは結構大事なんじゃないかなと思います。
雨が降っても走っていけばなんとかなると・・。笑

ただ、一つだけ気になるところが・・。
上履きが、クロックスなんです。
ちょっとだらしなく見えてしまいます。
というか、学校の構内は上履き、という既成概念が破れない自分がいることにも気が付きました。
だんなに言ったところ、そんなに大きな問題じゃないとのこと。
たしかにね、そうだと思います。

ということで、とても充実した学校説明会でした。

このあと、入試問題説明会という異例(多分、知っている範囲内では)の行事があったり、部活体験が行けないので、部活見学にお邪魔することになったり。

夏休みになんと3回も行ってしまうので、結構状況がわかる。

まとめ

二年生のときも学校見学結構行ったのですが、やっぱり「迫っている感」が違う。
自分の中の情報の取り込み量が全然違うなということを実感しました。
でも、じゃあ、二年生のときに行かなくていいのかというと全然そうではありません。
うちの場合そのときに「ココの学校は行きたくない」というのがわかったからです。

それは、母親である私の感覚ではなく、娘の感覚。
学校説明会でなくて、文化祭での一コマでした。
女の子たちは結構色の濃いリップを塗って、教室の外も中も結構無法地帯で汚い放題。
それをみて、ココは違う、と思ったそうです。
レベル的には中の下くらいの学校。
もう少し上を目指したいと自分から思えたところが収穫でした。
なので、それなりに勉強は頑張らないといけないということが自覚できたわけです。
「近いからあそこでいいじゃ~ん」にはならなかったんですね。
まあ、それも、今そう言っているだけで、これからどうなるかわかりませんが。

仕向けることも大事ですが、やはり、小学生と違ってもう親のコントロール下ではないということ、よくよく理解しておく必要があります。

お盆は、塾もありますが、学校見学会の嵐です。
14.15.16日と、普通はお盆で旅行だったりのんべんだらりとなるところですが、全部学校説明会&塾。笑

3月にセブに行っておいてよかった&7月に高輪プリンスホテルにショートトリップに行っておいてよかったとしみじみ思いました。

-都立高校受験のイロハ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【都立高校】入学後の支払い

都立って結局いくらお金かかるんだろう? 受験する前に結構探しましたよ。笑 発信できる側になれたので、よかったです。 学校によって多少の差はありますが、大体こんなものと思っていただければよいと思います。 …

【都立高校受験】よくよくノートを見返してみた

ライターという商売上、むやみやたらにメモしたい習性がありまして。。 子供の高校受験にあたっても、ノートを取り続けてきました。 ノートをとる利点として(板書じゃなくて、人が言っていることを自分の言葉でノ …

【都立高校Again】今度は次女の高校受験への準備です

ね、こないだ終わったばっかりなのに、中2から学校見学行ってこーい!の宿題があるわけで。 長女とはちょっと志向の違う次女。 なので、学校がまるかぶり、ということないんです。 夏休みの学校見学会の情報は、 …

【都立受験】どこからどうやって塾代を工面しようか?

大学の学費は、ある程度計算しています。 塾も、もちろんかかるとは思っていました。 でも、まさかこんなにかかるとはねえ、というのが正直なところです。 夏期講習のときに、塾の出してきた数字そのままは厳しい …

【都立高校受験】いろいろな人が応援してくれます

長女の部活にいた先輩のお母さんから、応援のメッセージがラインできたり、 会社の人が出雲大社で合格祈願のお守りかって来てくれたり。 孤軍奮闘じゃないなと思う、高校受験です。 塾からも、受験の後の高校生活 …