子育てストーリー

【子育てはもうゴールに近い】人にやってもらったことは自分もやってあげられる

投稿日:

先日、私が三姉妹を生んだ産院で死ぬほどお世話になった保育士さん。
てか、産院に保育士さんがいるという、珍しい医院さん。
(たった20年前ですが、そういう緩い時代でした、というか、その医院さんの先生が理解がある先生だったのよね。)
完全にマタニティブルーだった私、どれだけ救われたことか。

その方のメールアドレスを知っていて、子供が小学校はいる前まではイベントがあると(その保育士さん、院外でもイベントやってるんです)お誘いいただいていたんです。

それがなんだかんだで途切れていましたが。

が、一番下の子が高校に入り、子供が親から離れていくタームに入り、寂しい!というママ友が周りにちらほら。
もしかして、赤ちゃんがいるお母さんたちになんかできることあるんじゃないかと思って・・・というよりも、自分が赤ちゃん抱っこしたい!と思って。(おばあちゃん予備校?笑)

で、その方が開催しているイベントに行ってきました!

もうね、癒された、赤ちゃん抱っこするだけで。
楽しかったです。

みんなでご飯作って食べよう!みたいなイベントだったので、10人分くらい作ってそれをみんなで食べる。
1歳前の子が多いので、離乳食っぽいやつも作って。
しかも場所を貸してくれた人もいて、またそのうちが素敵だったのよ~(手首返す)。
ご両親が住んでいたけど今は空き家になっているとのこと、でもすごく素敵なおうち。
(確かに家は人が入らないと、ダメですもんね)

自分もご飯を作るの手伝いながら、でも保育士さんがリードしてくれて(メニュー考えて、材料も仕入してくれてますしね)、ご飯作ってみんなで食べた!

おいしかった!

そしてそれをやってもらったから、うちでもお雛様出して、ちらし寿司作ろうかなと思うモチベーションがわきました!

お雛さんも出して、チラシ寿司食べようと思います(私、オケの練習で夜いないんだけど、汗)

あ、塩こうじで作ったお肉にヒントを得て、コロナ時に配給された食事セットの中の甘酒(飲んでも口に合わなかったので、どうしたらいいか困っていた)にみそを混ぜて、豚小間を漬け込んでいます。

豊かに食べられれば、豊かに生きられる、ね。

-子育てストーリー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

要介護3の両親を呼んでの成人式前撮りドキュメント その4 振り返り

前撮りを終えた感想 ああ、こんな準備大変なの、と思います。 片付けの時もああ大変、と思います。 でも、娘のキレイな姿を見ると、まさに嫁にやる親の心境で、やってよかったって思うわけですよ。 ただ、今回準 …

【ストーリー】喪中はがきの返礼の寒中見舞い

今年、喪中はがきが多く、年賀状が出せずにいる人がチラホラ。 年賀状が出したいんじゃなくて、相手ははがきをもらってほっとできる瞬間があったらいいなと思って、寒中見舞いを書きました。 両親とも亡くなったい …

【都立受験】清水の舞台から飛び降りる?!塾の学費の「振込」

196,560円 。 振り込みましたよ、ええ、振り込みましたよ。笑 分かっている事なんですけれどね、長女の時に比べたら、塾代のストックとして予算組していたのでね、比較的平和なんですけれど。 でも、パス …

【子育て徒然】卒業式は、親のねぎらいの場所

今日は、学校支援コーディネーターをやっている小学校(ちなみにうちの末娘は高1です)の卒業式です。 月末進行で、うちを出るギリギリまで仕事しています。汗 スーツ着ている私に春休みの大学生の娘が「あ、今日 …

【子育てストーリー】学校とのコミュニケーション、超大事

コロナ禍、ここへきてまた猛威を振るってます。 そう思う理由は、ひしひしと自分の近くへやってきているから。 んで、学校へ久しぶりに電話。 三女は吹奏楽部でユーフォニアム吹いています。 昨日、学校から帰る …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!