楽しんだモン勝ちストーリー

【楽しんだモン勝ち】あいさつ=相手の存在を認めるコトバ なんです

投稿日:2017年1月16日 更新日:

今日は寒い朝でしたが、娘が通う小学校の旗持ち当番の日。
旗持ち当番とは、「通学路の危ない交差点などに立って子供を誘導し、車に誘導し、挨拶をするPTAの当番」です。

道端の霜柱を大人だてらにシャリシャリ踏んだりして。
ここが楽しんだもん勝ちポイント。笑

早めの時間に登校する子、結構遅い子もいて、今朝起きてから「どんなやりとりを親としてきたのかなぁ」と想像することしきり。

挨拶しても返ってくる子、返ってこない子がいます。
帰ってこないと、ヘコムことがあります。
でもこちらはイッパシの大人ですから、挨拶して知らんぷりされるのはデフォルト、返ってきたらラッキーくらいに思っておく。
そうすると「楽しんだもん勝ちポイント」はアップします!笑
何ももらえませんけどね。
でも、その日1日いい気分で過ごせます。

面白かったのが、全然関係ない大人に挨拶したところ、結構な確率で挨拶もしくは会釈が返ってきたんです。
というのも、その旗持ちポイントはゴミ取集所のすぐ脇。
(人=わたしがいるのでゴミを漁りたいけど近づけないカラスが、何匹も近隣のうちのテラスや電線まで来ていました。)

挨拶=相手の存在を認める=地域で「無責任」なことがしづらくなる、という素晴らしいスパイラルが生まれるのではないかと実感しました。

「無責任」な事とは、この場合はゴミ出しの仕方です。
ネットもかけないでポンと置いていく人も中にはいます。
カラスの格好の獲物になりますよね。

また、一人暮らしの人が多いマンションはコンビニ弁当も多いのでしょう、1人の持ってくるゴミの量が思いのほか多いのです。
5人家族のうちより多い。
それは、寒空の下40分くらい立っていたから分かったことです。
例えば、紙ゴミや卵パックなどを分別すれば、もっとごみの量を減らせんじゃないか?とか考えてたらいいな、など淡い期待を抱きます。
挨拶されちゃったら、「無責任」なことができないという意識が働いてくれたら

一人暮らしのココロが荒んでいるかもしれない男の子が、近所のおばさんの「おはようございます!」(オバサンじゃだめかもね。笑)で少しでもあったかくなってくれたら、良いな思った、月曜の朝でした。

-楽しんだモン勝ちストーリー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【旅は道連れ世は情け】妄想旅行

はい、こないだやっていた鉄オタ道子、二万キロ、妄想旅行していましたね、はい。 今宵は、すっかり脳内旅行です。 なぜか? それは、こないだ船に乗ってしまったから。 楽しかったんだもん~。 東京から行く船 …

【家計管理】ZOOMのパケット数、どれくらい?

このコロナ騒動でもてはやされている?のが、オンライン会議ツールZOOMです。 長女が通っている予備校は、これを使って講評をしています。 んで、オンライン飲み会ってのも流行っているじゃないですか? 飲み …

【楽しんだ】タカタレムレスさん、ありがとうございました!

嬉しかったとても~♪ そんな今井美樹の歌もありましたね。笑 何がうれしかったかというとですね。 時計の修理がうれしかったんです。 今住んでいるところに引っ越したころから、ずっと使っていた時計。 かれこ …

【楽しんだもん勝ち】日光浴、月光浴、温泉浴・・・

なんせ気持ちがいいんですよ、日光浴。 このストレスフルなコロナ禍で、タダで楽しめる癒しじゃないかと思います。笑 結婚するまで出たことなかった実家は、西日しか入らない。 生まれ育ったところがそうだったか …

【楽しいかな?】自分の老いは誰かの成長

娘が19歳の誕生日を迎えました。 これくらいの年の誕生日は嬉しいですが、誕生日を迎えるということは1つずつ歳を取っているということ。 親の老いもありますが、自分も老いるわけです。 んで、やっぱり今まで …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!