ためになった本

【初めて知った分野】水中考古学

投稿日:

水中考古学。
こんな分野あるんですね~。
著者の山舩 晃太郎さんのサイトを見たら、ドメインも「すいちゅうこうこがく」ってそのまんまやないか~い!笑
https://suichukoukogaku.com/
海中の画像が美しすぎる、ああ、加山雄三の「海その愛」が頭の中に流れます。笑

本を読むのは、なかなかうちでは難しくて(家事に追われるので)、移動中の電車の中で読むことが多いんです。
でも、この本はうちで読んでいて、止まらなくなり、家事の合間に二日で読破。
沈没船博士、海の底で歴史の謎を追う

ちなみに、電車の中で読まなくてよかった。
その理由は声を出して笑っちゃうところがあったから。

普通、その発掘プロジェクトで起きた色恋沙汰まで言及しないよね?笑
そんなところまで切り込んじゃう独自性が本当に学者っぽくなくてよかったと思ったんです。

あと、英語力が心もとないのに、留学へ行っちゃうそのバイタリティーというか向こう見ずっぷりも、勇気をもらった!
この方、人生間違いなく楽しんでるよね。
そういう意味では、同志である。(勝手に、笑)

-ためになった本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【タメになった本】大・大往生/鎌田實

正直言って、とても世話になった叔父がなくなって、自分の知っているプロセス(病院で亡くなっても、うちに帰ってくる。お通夜)を経ずのお葬式だったので、ちょっと心の準備が必要と思って、手にとって見た本です。 …

【ためになった本】臨終の七不思議/志賀貢さん

人が亡くなる時には、いろんな予兆があるようです。 どんどん臓器がダメになって行くそうで・・・。 例を挙げると、喋れなくなる、 なので、私が目指す「死ぬ前の日までビールが美味い」は、なかなか難しい&#0 …

【睡眠こそ最強の解決策である】寝ることはサイコーの薬

久しぶりに、こんなに付箋つけまくって本読むのはひさしぶり! それと、会社での昼寝の深さが深まった(ぐっすり寝ている感がする)、のは、この本のおかげです。 ぶっちゃけ、子供たちが行っている学校で、ぜひ昼 …

【ためになった本】 ビリギャルの先生も紹介していた「平気でうそをつく人たち」/M・スコット・ペック(森英明)(草思社文庫)

「平気でうそをつく人たち」 最近では国会らへんにウヨウヨいますね〜。笑 あまり笑い事では、なくなってきていますが。 高圧的な態度の人がいて、恐れ慄いて暮らしている人にとっては、膝を打つ本になります。 …

【ためになった本】嫌われる勇気

お盆休みを前に、仕事は今、ライティング追い込み中。 もうすごい集中して書くので(別にPCで打ち込んでいるので、鉛筆は持ってないんですよ) 頭が痛くなってきます。 仕事なので、自分の好きなテーマじゃなく …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!