ためになった本

【ためになった本】散るぞ悲しき

投稿日:

「硫黄島からの手紙」という渡辺謙の出ていた映画にもなっているのね。

栗原中将のおうちが、なんと東松原だった!毎日電車で通っているジャン!みたいな。笑

東京新聞の書評?を見て、図書館で借りて読みました。

こういう戦争関係の本を読むたび思うことは、
意地の張り合いから戦争が生まれて、無駄に長引くんじゃないかと。
どっちを向いて戦争をしているのか?上司のほうを向いて戦争しているんじゃないかと。

とにかく、栗原さんは、うちのおじいちゃんも言ってましたが、何でアメリカなんかと戦争したんだ、と。
勝ち目ないじゃん、と。

うちのおじいちゃんが言ってたのは、戦後にニューヨークに行ってエンパイヤステートビルに行ったときに
「何でこんな国と戦争しちゃったんだろう」と思ったということ。
エンパイヤステートビルは、戦前の建物です。

栗原さんも、陸軍のエリートで、アメリカに何年か留学していて、とてもいい人たちばかりでと思っていたから、アメリカとは戦争をしたくなかった、とのこと。
それ以前に、とても国力は日本に勝ち目がないって思っていたみたい。

栗原さんとおじいちゃんの話が、点が線になったわけです。

まあ、プライドなんて煮ても焼いても食えない、というところかな。

そして、ただバンザイ攻撃などの潔く散ることが美徳とされる考えでなく、彼はどこまでも合理的だった。
東京大空襲など、本土を焦土にした空襲は、硫黄島が(ほぼ)落ちたことで、出来た、と。
サイパンやグアムからB29が行ったけど、そこを経由まではしないけど、帰りに不時着したりね。

硫黄島が足場になるから、一日でも長く陥落しないように合理的に進めた。のが、この人。

映画見ようっと。

-ためになった本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ために立った本】ヒトは「いじめ」をやめられない

脳みそ@前頭葉が、30にならないと熟成しないって。。 そりゃ、中3男子に落ちつけてのは無理だわ。 さらに、テストステロンというアグレッシブになるホルモンが小学校高学年から中学校までマックス分泌らしい。 …

【歯と口の話】全身も診る歯医者だけが、生き残る

仕事柄、歯医者さんの先生とお話しすることが多いんです。 今日、インタビューした先生は、なかなか個性的な先生で・・。 歯に衣着せなさすぎて、聞いているこっちがヒヤヒヤするような事もありましたが(笑)、で …

【ためになった本】ヒルビリー・エレジー

「お前は何だって出来るんだ。 ついてないって思い込んで諦めている、クソどもみたいになるんじゃないよ。」 この「ヒルビリー・エレジー」の主人公のおばあちゃんの台詞です。 言い当てています。 「ヒルビリー …

【役に立った本】やっぱり反抗期は正常な発達段階 →毒親の正体/ 水島広子

思わず膝を打ちましたよー。 点が線になりましたよー。 反抗期はバンザーイ、なんですよー! 大人になるプロセスとして必要な反抗期というプロセス 子供が反抗期を迎えるにはなにが必要か? 安心です。 自分が …

【ためになった本】 ビリギャルの先生も紹介していた「平気でうそをつく人たち」/M・スコット・ペック(森英明)(草思社文庫)

「平気でうそをつく人たち」 最近では国会らへんにウヨウヨいますね〜。笑 あまり笑い事では、なくなってきていますが。 高圧的な態度の人がいて、恐れ慄いて暮らしている人にとっては、膝を打つ本になります。 …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!