ためになった本

【ためになった本】散るぞ悲しき

投稿日:

「硫黄島からの手紙」という渡辺謙の出ていた映画にもなっているのね。

栗原中将のおうちが、なんと東松原だった!毎日電車で通っているジャン!みたいな。笑

東京新聞の書評?を見て、図書館で借りて読みました。

こういう戦争関係の本を読むたび思うことは、
意地の張り合いから戦争が生まれて、無駄に長引くんじゃないかと。
どっちを向いて戦争をしているのか?上司のほうを向いて戦争しているんじゃないかと。

とにかく、栗原さんは、うちのおじいちゃんも言ってましたが、何でアメリカなんかと戦争したんだ、と。
勝ち目ないじゃん、と。

うちのおじいちゃんが言ってたのは、戦後にニューヨークに行ってエンパイヤステートビルに行ったときに
「何でこんな国と戦争しちゃったんだろう」と思ったということ。
エンパイヤステートビルは、戦前の建物です。

栗原さんも、陸軍のエリートで、アメリカに何年か留学していて、とてもいい人たちばかりでと思っていたから、アメリカとは戦争をしたくなかった、とのこと。
それ以前に、とても国力は日本に勝ち目がないって思っていたみたい。

栗原さんとおじいちゃんの話が、点が線になったわけです。

まあ、プライドなんて煮ても焼いても食えない、というところかな。

そして、ただバンザイ攻撃などの潔く散ることが美徳とされる考えでなく、彼はどこまでも合理的だった。
東京大空襲など、本土を焦土にした空襲は、硫黄島が(ほぼ)落ちたことで、出来た、と。
サイパンやグアムからB29が行ったけど、そこを経由まではしないけど、帰りに不時着したりね。

硫黄島が足場になるから、一日でも長く陥落しないように合理的に進めた。のが、この人。

映画見ようっと。

-ためになった本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ためになった本】ヒルビリー・エレジー

「お前は何だって出来るんだ。 ついてないって思い込んで諦めている、クソどもみたいになるんじゃないよ。」 この「ヒルビリー・エレジー」の主人公のおばあちゃんの台詞です。 言い当てています。 「ヒルビリー …

【役に立った本】やっぱり反抗期は正常な発達段階 →毒親の正体/ 水島広子

思わず膝を打ちましたよー。 点が線になりましたよー。 反抗期はバンザーイ、なんですよー! 大人になるプロセスとして必要な反抗期というプロセス 子供が反抗期を迎えるにはなにが必要か? 安心です。 自分が …

【タメになった本】大・大往生/鎌田實

正直言って、とても世話になった叔父がなくなって、自分の知っているプロセス(病院で亡くなっても、うちに帰ってくる。お通夜)を経ずのお葬式だったので、ちょっと心の準備が必要と思って、手にとって見た本です。 …

【家計虎の巻】医療費助成制度が「消滅」した・・

何のことか?といいますとね・・・ 「子供が病院に行ってもお金掛からないのは、もうおしまいです」 って通知です。泣 住んでいる自治体は、中学卒業までは子供の医療費がタダなんです。 なので、小児科に行くの …

【睡眠こそ最強の解決策である】寝ることはサイコーの薬

久しぶりに、こんなに付箋つけまくって本読むのはひさしぶり! それと、会社での昼寝の深さが深まった(ぐっすり寝ている感がする)、のは、この本のおかげです。 ぶっちゃけ、子供たちが行っている学校で、ぜひ昼 …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!