ライターなんです

【ライティング】難しい漢字はなるべく使わない

投稿日:2020年6月26日 更新日:

思い出しました。

実家が食品卸店の商売をやっていたんですけれどね。
社長が書く商品名、難しい漢字を使うんですよ。
「それなんて読むの?」って聞いても「え?知らないの?」みたいな。笑

お花のサイトも運営していますが、読めない漢字あるんです。
先生になるべく振り仮名振ってくださいと依頼してます。

歯科医院さんのサイトのライティングやる時、ええ、読みづらい漢字には振り仮名を振り、専門用語には説明をつけます。
なぜなら自分が分からなかったから。
そして、読み手にも分からないから。

自分の当たり前は、お客さんの「?」なこと、案外多いんです。

でもその分野の専門家だと当たり前になってなんの意識もせず使っちゃうんです。

そういえば先日もありました。

サビカン

なんだと思います?
サバ缶?
サビ抜き軍艦寿司?

いいえ、サービス管理責任者が正解です。
福祉の現場の方からお話を聞いていた時に出てきた業界用語です。

ね、意識しないと伝わらないんです。
そんなふうにプロがお客さんに伝いたいことを伝わるように、そしてお客さんが聞きづらいことをズバって聞けるライターでありたいと、ここに宣言しますっ!

まあとにかく、知ったかぶりしない、お茶を濁さないことですね。
自分と向き合うことでもあります。

-ライターなんです

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【学ぶ】自分が分かっていることを、知らない人に説明することの難しさ

なんですよ~ なんですよね~ 自分が「当たり前」って思っていることを、全然そのことに関して知らない人に説明するのって、本当に大変、骨が折れる。 自分の当たり前が当たり前じゃないって気が付くことは、本当 …

【ライターです】思い思いの作業スペース

昨今、リモートワーク流行りで、自宅で仕事をしている方、多いのでは? 私自身もご多分に漏れず、そのような働き方に変わることになりました。 実は、あるところで作業をしているのですが、ここがね、気持ちいいん …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!