子供と一緒に学ぶ 子育てストーリー

【子育てストーリ】コロナで得たものも、ある

投稿日:2020年4月22日 更新日:

・青空オフィス(家庭内3蜜を避ける!、気分転換、案外集中できる)

⇒しかーし!こんな切ないお知らせ。
蘆花恒春園 公園利用自粛について

でもね、家庭内3蜜もどうかと思うのよ?
子供が小さければいうことは聞かないし、大きければ面積および体積をとるわけで。笑
適度な距離があるからこそ仲良くできるってのもあるでしょう?(特に夫婦)

ああこれからどうしようか思案中です。

・コロナで得たもの→子供たちの家事スキルアップ
うちは家事を担当制にしました。
ちなみに、三女の担任の先生はクラスの係を「○○大臣」と呼んでいました。
ナイスアイデア!
家族にかじをお願いする場合、自分のやり方を押し付けないことと、ほめるがコツなんだそうです。
主婦歴が長くなればなるほど、自分のやり方が染みついて、それ以外の方法をダメ出ししてしまいがちですもんね。

・コロナで得たもの→どうして勉強しなきゃいけないの?

いい加減、子供たちも学校に行かないことに関して不安になってきた模様です。
中学生は、近隣の学校とやっていることが違うと(ホームページに課題が掲示されている)遅れを取っていると思うようです、思ってくれるようです。
学校は当たり前じゃないことを学ぶとてもいい機会だと、私は考えています。

長女の小学校の時の担任の先生が言っていたことを思い出しました。
「悩みは学びです」
うむ、名言だ。

・コロナで得たもの→家族のITスキル

リモートするときにネットのあれこれを調べないとならないですよね。
会社だと誰かに聞くこと出来ますけど、うちだと誰も頼れない、それが案外大事。
いやでもズームを使わなきゃならない、頑張って自分で調べて設定する、これ案外大事な経験、スキルっす。

-子供と一緒に学ぶ, 子育てストーリー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ストーリー】喪中はがきの返礼の寒中見舞い

今年、喪中はがきが多く、年賀状が出せずにいる人がチラホラ。 年賀状が出したいんじゃなくて、相手ははがきをもらってほっとできる瞬間があったらいいなと思って、寒中見舞いを書きました。 両親とも亡くなったい …

【子育てストーリー】PTA@小学校のお役目終えての感想

やってよかった。 はっきり言って確かに大変ですよ。委員長とかは特に。 なので、ペーペーのPTAの役員(学級代表というやつでした)の場合でのということで、但し書きを。 でも、あたしだけじゃなくて、結構な …

【楽しんだ&嬉しかった】金継でお茶碗、カンバック!

一体いつから使っているか?というくらいずっと使っている 「うちの三姉妹」のお茶碗。 割れちゃっても何度か金継して使っているうちに金継屋さんからお手紙が同封されてくる間柄になりました。 にんべんの懸賞で …

【楽しんだもんがち】コロナ、悲喜交交~学校の行事中止相次ぐ

コロナといえば悲しいことしかないんだけど、 それでほくそ笑んでる不埒な中高生二人。笑 合唱コンクールがなくなって、ウェーイとか言ってる中学生 伴奏だったので重責から逃れられてそれはそれでいいらしい。 …

【子供と学ぶ】フラれるかもしれない、という覚悟

なんでそう思ったかというと・・・。 学校支援コーディネーター(地元小学校でやっています)のボランティアで、子供たちに新しい体験をしてもらう!という体験型の講座の企画運営をやっています。 その中にわたし …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!