徒然なるままに介護

【介護徒然】母、結局入院。泣

投稿日:2024年2月4日 更新日:

いやー。

昨日入院です。
転倒による急性硬膜下血腫(きゅうせいこうまくかけっしゅ)と鎖骨骨折。
意識はしっかりしていました。

これ以上出血が広がらないことを確認出来れば、退院可能とのこと。
ちなみに「急性硬膜下血腫(きゅうせいこうまくかけっしゅ)」
なんのこっちゃ分からんですよね。

急性=ぶつけた(この場合、転倒して頭からぶつかった模様、誰も現場を見ていない。夫婦二人暮らし、です)
硬膜下(こうまくか)=頭蓋骨と脳の間に「硬膜」という膜がある、その幕の外ということだと思います。硬膜の中=脳の中だと結構やばいそうです。
血腫(けっしゅ)=「かさぶたですか?」と先生に質問したら、「ゼリー状のプルプルしたやつ」とのことでした。
流れないでとどまればOK。
大きさが、下記なら開頭手術は必要ない、逆に下記の条件になると命に関わる。
①1センチ未満
②正中線が押し込まれてない
③脳幹が押し込まれない(横に輪切りにしたときに、黒くなっているところが脳幹)

というのが昨日の話。

今朝(2/3)、脳外科の先生から電話あり。

・血腫の拡大無し(大きい方7.5ミリで変わりなし/小さいほう3ミリ→5ミリこちらは2ミリ大きくなってる)
・この血腫で脳へのダメージはない。今日時点で症状は変わってない。緊急手術必要なし
→今日か明日、病棟へ移動

・頭がい骨骨折無し
・眼窩(がんか:目の骨)と鎖骨骨折、経過観察でOKと整形外科の先生談
→昨日と変わりない

とのことでした。
今日弟が行って、プロペト(お尻の保湿剤)など渡してきてくれました。

昨日の入院時点での先生の判断は、血液サラサラの薬は3~4日中止。
脳梗塞の既往があるので、予防的に飲んでいます。

そうそう、鎖骨骨折、これは施しようがないらしい。

本当に不幸中の幸いは、本人が痛がっていないということ。
年取ると、感覚が鈍麻(どんま)するらしく、つまり、痛いはずが痛いと感じなくなってくるらしい。
なので、それはそれで、今回はよし。

ちなみに、これくらいの脳の萎縮は、年を考えると妥当とのことでした。
で、若者は周りの黒い隙間はないくらいぎっしりしているそうじゃ~。
そりゃやれることや頭のまわるスピードが、若者と年寄りと一緒じゃないわけだよね。
物理的に納得しました。笑

-徒然なるままに介護

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【介護徒然】人に任せる勇気

今日は色々ありすぎましたが、まずはここらから。 母の退院でした。 入院中お見舞い行ったタイミングで病院のリハビリしてくれる理学療法士さんに3回会って、車椅子移乗どうしたらいいか相談、その場でこうしたら …

【介護徒然】ムアツ布団のクリーニング

うちの娘も、小さいころ、よくおねしょしていました。 今度は母親の番です。(笑) いつかあたしもそうなるのか。 やはり尿漏れがあり、防水シーツ&シーツを通り越して、下まで行っちゃうこともあったんです。 …

【介護】お風呂入るのを手伝ってくれるサービス→あるんです!

こんなのあるんですねえ。 訪問入浴介護の2サービスの違いやおすすめの人・費用・利用方法まで なかなかデイに行ってくれない母のお風呂入っていない問題は、これで解決してもらえるかもしれない。。 ユニマット …

【徒然介護】ハッピーケンゲ

「一生トロミですよ」 と言われた父になんとかフツーのご飯を食べられるようにと摂食嚥下の訪問歯科の先生に来てもらい半年。 昨日は父の誕生日でした。 なんとプレゼントということで演奏しますと。 楽器を持っ …

【楽しいかな?】自分の老いは誰かの成長

娘が19歳の誕生日を迎えました。 これくらいの年の誕生日は嬉しいですが、誕生日を迎えるということは1つずつ歳を取っているということ。 親の老いもありますが、自分も老いるわけです。 んで、やっぱり今まで …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!