子育てストーリー

【子育て】泣く子とインフルには勝てぬ

投稿日:

長女@高1が、インフルエンザで自宅におります。苦笑
7度台に一瞬下がるも、8度、9度台にも行ってちょっと辛そうでかわいそうです。

小学校中学校は、学校で熱が出るともれなく保健室から電話がありますが、
高校生にもなると、みんな自分の携帯を持っているので、自分で親に連絡してくるんですね~。

「高校生になると、具合が悪い時は、学校からじゃなくて本人からかかってくるんだ」
と思っていたけど、高校生は携帯を持っているから本人からかかってくるんだと今気が付きました。笑

インフルにかかるのが、去年(受験時)でなくて、高校に入ってからでヨカッタとほっと胸をなでおろしている、今日この頃。

吹奏楽部なので、感染力がある間は参加できないと長女談。
そうね、まさに息を吹き込んで音を奏でるわけですから。
吹いている息の中にインフルエンザ菌の残党がいたら、まさにばら撒いているっていう体になります。

解熱後二日で登校可能なのですが、日曜朝に38度台あって、すぐに6度台に下がったのですが、やはり、その日は熱があった、解熱していないと勘定する。
なので、水曜に発熱したのでそこを0日と数えたら、もう火曜から行けるはずなんですが、月曜が解熱後一日目なのでいけない。。とほほ。

でも、吹奏楽部の事情があるので、まあ致し方ない。

ちなみに学校で登校許可証みたいのがもらえて、それに自分で記入すれば行けるとのこと。
でも長女の通っている小児科では、一応登校証明みたいのはくれました。

-子育てストーリー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ためになった本】 ビリギャルの先生も紹介していた「平気でうそをつく人たち」/M・スコット・ペック(森英明)(草思社文庫)

「平気でうそをつく人たち」 最近では国会らへんにウヨウヨいますね〜。笑 あまり笑い事では、なくなってきていますが。 高圧的な態度の人がいて、恐れ慄いて暮らしている人にとっては、膝を打つ本になります。 …

【高校受験】親は大学選びのツアコンになるべからず

というかね、親の本心を見透かされて、マイッチングまちこ先生なわけですよ。笑 晴れて高校が決まり、さあ今度は、大学だ!と思って 行きたい大学の高大連携室に早速メールをしたんです。 行きたい大学とは、中3 …

【家計管理】私立500万、公立250万~大学でかかるお金

こないだ、仕事で早稲田理工学部のキャンパスの近くまで行ったので、失礼して学食でお昼ご飯食べて来ました。 その時に事務所でいただいて来た入学案内です。 まあ大体、毎年100万円強。理工系は150万強。あ …

【子育てストーリー】PTA@小学校のお役目終えての感想

やってよかった。 はっきり言って確かに大変ですよ。委員長とかは特に。 なので、ペーペーのPTAの役員(学級代表というやつでした)の場合でのということで、但し書きを。 でも、あたしだけじゃなくて、結構な …

【子供と学ぶ】コロナの候、子供に本を読んでほしいなら

やはり「隗より始めよ」なんですよね~。 通勤がなくなって、本を読む時間が無くなったといっている私。 主婦が自宅で本を読むのは、結構至難の業。 なぜか? 家の中って、やることがエンドレスだから。 ンで、 …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!