子供と一緒に学ぶ 子育てストーリー

【こどもと学ぶ】「悩みは、学びです」

投稿日:

「悩みは、学びです」

これは、長女が小5の時の担任の先生の言葉。
子育てて悩んでいるとき、姑の娘への過干渉のことなどを個人面談で結構赤裸々に告白(笑)したら、そのように話してくれました。
先生自身は三兄弟の末っ子で、就職しても親がご飯を用意して待っててくれて、あまりにもいろいろやってくれる加減にこれは一人暮らししないとと自立したなんて話をしてくれたのを覚えています。

子供が大きくなって(大学生、高校生、中学生)、手はかからなくなりました。
「お母さん~、子供は大きくなるのですぐに手はかからなくなりますよ~その代わりにお金はかかりますよ~」←これは学童の先生の名言、笑
でもその時その時の悩みは尽きません。

子供に手がかからなくなったら、今度は親の介護。
「子育てが終わったら、今度は介護だからね」
これもマンションの隣に住む、先輩ママに言われた言葉です。

親の介護となれば、介護保険の仕組みやらサービスやらを学ばなければならない、というか学ばないと(知らないと)損をする。
悩みを解決するためには、学びが必要、もっと言えば学びの方法を知っている事が必要なんです。

こう振り返ると、いろいろな人のいろいろな言葉が助太刀してくれているんだな~と、嬉しくなります。

嬉しかったことと言えば、前出の担任の先生は、なんでも実物を持ってくる先生でした。
毎年、蚕と桑の葉を持ってきて、繭が出来るのを子供たちに見せる。
手に蚕をのせて「かわいいですよ」と差し出してきたのを覚えています。(私は虫が苦手ですが)

それだけではありません。
イクラの状態で持ってきて、鮭の稚魚を孵化させる。
ペアのカエルを持ってきて交尾して、んで、卵が出来る様子を見せる。
バケツ稲で、稲を育てる。

下記は同時の写真、校舎の中で稲を干しています。
そういえば、一升瓶と棒で脱穀もしていたなあ。

写真を探すのに、昔の写真を見ていたら、

「ローマは一日にして成らず、子供も一日にして育たず」

と浮かびました~。(山田君座布団ください!)
懐かしくてちょっとウルっと来ちゃいました。笑

ライフワークになりつつあるキャリア教育も、そんな自身の学びの1ページになっています。

-子供と一緒に学ぶ, 子育てストーリー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【子育てストーリ】子供は揚げ物をやっていい?包丁使っていい?

春休みですね~。 三女が今日、高尾山に出かけるのにコロッケを作っていきました。 昨日の夜、タネを作って、今朝、衣を着けてあげてましたよ。 あたしはまったくこんなマメなめな事しません。笑 あたしがやらな …

【子育てストーリー 】悲喜こもごもな保育園登園風景その後

東京の桜はまだ木にくっついて、なんとかちらずに頑張ってますね! 先日の親子、ほぼ毎朝、桜並木ですれちがいます。 半ベソだった弟くん、口をとんがらかしながらも、笑、なんとか足を前に進めて保育園に行けるよ …

【子供、学んでるじゃん】長女よ、そんな高みへ行っちまったか

といういい方は大袈裟ですが。笑 でもね、これこれ。 どっちも同じサムネイルですが、始まる場所が違います。 2年前くらいにNHKで放映していた「映像研には手を出すな」というアニメ、気付けに長女とたまに見 …

【親子で学ぶ】唸るほど難しいライティング

仕事で久しぶりにうなるほど難しいライティングをしております。 分からない単語を調べて、ちょっとやそっとじゃ理解できないから何回も読みなおして、ウーウー唸りながらのライティング。 ここまでしんどいのは初 …

【高校PTA】新役員の飲み会に参加する「メリット」とは?

小学校や中学校ではあまりないのかもしれませんが、旧PTA役員のお疲れ様&新役員の懇親の意味を含めて飲み会がありました。 前年度の最後の飲み会も、広報委員(昨年度は広報委員)として行っていて二回目なので …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!