子育てストーリー

【子育てストーリー】PTA@小学校のお役目終えての感想

投稿日:2019年4月12日 更新日:

やってよかった。

はっきり言って確かに大変ですよ。委員長とかは特に。
なので、ペーペーのPTAの役員(学級代表というやつでした)の場合でのということで、但し書きを。

でも、あたしだけじゃなくて、結構な人がそう思っているようです。

メリット

顔見知りのお母さんが増える

別にペチャクチャ喋ることだけが目的ではありません。
上の子の受験の話や、塾の話や、リアルの口コミが、しかも信頼度の高い(ここ大事)が聞ける。

学校の先生とも仲良くなれる

学校での話を子供がした時に、例えば困った話など、相談出来るハードが明らかに下がります。
PTAとは関係ないのですが、長女の高校では積極的に顔見知りになろうと、話しかけたり、自己紹介したり(結構、自分がどの生徒の親かをわかってもらうことも大事だと思います)したのです。
高2の新しい学年が始まってからのある日。
長女の高校での担任は高1に続き高2でも担任になったんだけど、昨日「春休みの課題が出てないけど、何かありましたか?」と連絡してきてくれました。
去年も担任だったこともあり、そもそもがマジメな長女@A型(笑)なので「心配」してくれる。
吹部の定期演奏会などが忙しく、できていなかったようですと、その旨を伝えました。
先生からは「声掛けて下さいね」と。
「高校生なんだからだいたいのことは出来るだろ」というオール放置プレイでは、やはり難しい。
都立でも上位校に行くと、放置なパターンが多いようです。

学校や子供の様子がわかる

仕事も大事だけど、子供の様子がわかることも大事です。
ちょっとでも子供の学校での様子がわかるだけでも、共通の話題が増えて、それはそれでいいんです。
PTAを大義名分にして、有給とったりもできます。

達成感みたいのはある

珍しく根回しして、やってくれそうな人にお願いしたりしました。
んで、役員が決まったときは、それなりの「がんばった感」があります。
決着ついたときには、一杯飲みに行こう!みたいな。(笑)

学校って、関わらなければそれなりに何とかなっちゃうもんです。

でも昨日、歯科の矯正の先生にインタビューで話していた時に「親がしっかり子供を見ていると、ちゃんと矯正が進む」と言ってました。
素知らぬふりも出来るんだけど「見ているよ、なんかあった時はSOSしてね、その時はガッツリ味方するからね」と子供に思ってもらえるようにしておけばいいと思う。

ただし、なんともスローリーな業務の進み具合とか、無駄なところ、正直いっぱいありますよ。
でも、変えようと思うなら複数年度にわたってやらなくちゃならないです。
口を出すなら手も出さなくてはなりません。

そこまでやる人がなかなかいない、ってところですね。

PTAといえば、別の話ですが、学校支援コーディネーターやっている関係で卒業式に出たときのこと。
昨年度のPTA会長さんの挨拶が素晴らしかった!
ふつう、挨拶というと頑張れとか諦めるなとかそういう類のものが多いのに「困った時は周りの大人を頼っていいんだよ」と何とも暖かいメッセージ!

あたしゃウルウルしちゃいましたよ。
もし自分の親が理不尽だったり厳しすぎら場合には周りに頼ってもいいんだよ、弱いところ見せてもいいんだよと思うわけです。

-子育てストーリー
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ママ友

【子育てストーリー 】「モンペ」とどう向き合うか?

お友達のお母さんの話 若干やんちゃな子の、お母さん。 1年生から3年生まで同じクラスのお母さんが「あんまり乱暴な子なので教育委員会に訴えてやる!」と、納得いかないからお父さん出てこい!と言ってるそうで …

【都立受験】清水の舞台から飛び降りる?!塾の学費の「振込」

196,560円 。 振り込みましたよ、ええ、振り込みましたよ。笑 分かっている事なんですけれどね、長女の時に比べたら、塾代のストックとして予算組していたのでね、比較的平和なんですけれど。 でも、パス …

【子供と学ぶ】コロナの候、子供に本を読んでほしいなら

やはり「隗より始めよ」なんですよね~。 通勤がなくなって、本を読む時間が無くなったといっている私。 主婦が自宅で本を読むのは、結構至難の業。 なぜか? 家の中って、やることがエンドレスだから。 ンで、 …

【家計管理】私立500万、公立250万~大学でかかるお金

こないだ、仕事で早稲田理工学部のキャンパスの近くまで行ったので、失礼して学食でお昼ご飯食べて来ました。 その時に事務所でいただいて来た入学案内です。 まあ大体、毎年100万円強。理工系は150万強。あ …

【子育てストーリー】アナフィラキシーショックで三女、人生初の救急車

いや~まじびびった。 三女がアナフィラキシーショックというのになりまして。 手作りでいただいたクッキーを食べた直後から、のどがイガイガするという三女。 クッキーはあっという間に三姉妹の間で消費され、親 …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!