ためになった本 徒然なるままに介護

【役に立った本】なんとめでたいご臨終/小笠原文雄

投稿日:

なんとめでたいご臨終/小笠原文雄

この本は、買ってもいいかなと思います。
なぜなら自分もそうした方がいいかなと思うから。
というか、自分はグループホームっぽい感じでもいいかなとも思ってるんです。
でも、身体がきかなくなると、多分うちの方が安上がりなのかなあ。
お金のことも書いてあったよ。

なんせピンピンコロリだからいいよね。

まあ何はともあれ、うちにいたければ一人暮らしだって大丈夫ということですよね。
またアマゾンのレビューのとおりで(かけよ私、笑)、目からうろこの事ばかり書いてある。
希望死、納得死、満足死、この三つを満たせば、孤独死てはないと。
お金がなくても、1人暮らしでも大丈夫と。
そしてご遺体と一緒に笑顔でピースしている写真は、なんか納得感がある。

あとね、この本のいいところは、字が大きい!老眼鏡なしで見れる!笑

それと、自分の若いころの失敗談も併せて書いてる。
説得力ある。
もっかい借りて読むかも。

-ためになった本, 徒然なるままに介護

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【介護徒然】退院前夜

介護度5の母の退院は明日。 ほんとうに、心配しかない。 でもね、社会福祉協議会の有料ボランティアさんに、食事班全介助になるのでヘルパーさんに依頼しています(ボランティアさんは介助できない、でもご飯支度 …

【歯と口の話】全身も診る歯医者だけが、生き残る

仕事柄、歯医者さんの先生とお話しすることが多いんです。 今日、インタビューした先生は、なかなか個性的な先生で・・。 歯に衣着せなさすぎて、聞いているこっちがヒヤヒヤするような事もありましたが(笑)、で …

【役に立った本】やっぱり反抗期は正常な発達段階 →毒親の正体/ 水島広子

思わず膝を打ちましたよー。 点が線になりましたよー。 反抗期はバンザーイ、なんですよー! 大人になるプロセスとして必要な反抗期というプロセス 子供が反抗期を迎えるにはなにが必要か? 安心です。 自分が …

【介護徒然】うちに帰るという選択肢

12日前に入院した母が、いよいよ退院することになりました。 退院は14日目。 親たちをよく知ってる板前さんに話したら、「あーそー、うちに帰るの?」って言われて、でも本当にそういうレベル。 だって、介護 …

【太極拳】その歴史ちょっと紐解けた

月1(少なっ!)で行ったる太極拳ですが、先生は動きの解説をしながらやってくれてます。 またその声が良い。 実は他のところも一回行ったことあるけど、やっぱりその先生がいいなぁと思いちょいファンな気持ちで …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!