ためになった本 子育てストーリー

【役に立った本】やっぱり反抗期は正常な発達段階 →毒親の正体/ 水島広子

投稿日:2019年1月11日 更新日:

思わず膝を打ちましたよー。
点が線になりましたよー。

反抗期はバンザーイ、なんですよー!

大人になるプロセスとして必要な反抗期というプロセス
子供が反抗期を迎えるにはなにが必要か?
安心です。
自分がどんなに反抗しても、まあ、親はもつだろう、という安心感がないと反抗期を迎えられない

この本を読もう思ったきっかけがコレ。

ストップ 子ども虐待〈高野優 思春期コロシアム〉家に居場所がなくても

高野優さんの毒親の記事

ビバ!反抗期!笑

「毒親」の正体 ――精神科医の診察室から / 水島 広子

-ためになった本, 子育てストーリー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【子育てストーリー】アナフィラキシーショックで三女、人生初の救急車

いや~まじびびった。 三女がアナフィラキシーショックというのになりまして。 手作りでいただいたクッキーを食べた直後から、のどがイガイガするという三女。 クッキーはあっという間に三姉妹の間で消費され、親 …

【ためになった本】人間は9タイプ/坪田信貴

この本はですねー。 普段の本の入手ルートが専ら図書館の私ですが、買いたくなった本です。 坪田さんの書いた「ビリギャル」も読みました。 それを読んだときも思ったことですが・・・「やっぱり分かりやすい&共 …

【都立受験】清水の舞台から飛び降りる?!塾の学費の「振込」

196,560円 。 振り込みましたよ、ええ、振り込みましたよ。笑 分かっている事なんですけれどね、長女の時に比べたら、塾代のストックとして予算組していたのでね、比較的平和なんですけれど。 でも、パス …

【楽しいかな?】自分の老いは誰かの成長

娘が19歳の誕生日を迎えました。 これくらいの年の誕生日は嬉しいですが、誕生日を迎えるということは1つずつ歳を取っているということ。 親の老いもありますが、自分も老いるわけです。 んで、やっぱり今まで …

【子育てストーリー】コロナの狭間の卒業式で知った「人間は社会的動物」

今日は小学校の卒業式でした。 皆、当たり前のように学校に行けていた日々、コロナは「学校が当たり前じゃない」ということを体感できるチャンスと捉えることもできます。 そりゃ、最初はゲームし放題、YouTu …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!