ためになった本 徒然なるままに介護

【徒然介護】超わかりやすい!知っトク介護 弱った親と自分を守る お金とおトクなサービス超入門

投稿日:2023年11月25日 更新日:

これ!すばらしい!一気に読めた!

素晴らしい点①分かりやすい!!

こんなにわかりやすい本なかなかないです!
やっぱりさ~字だけじゃダメなのよ!
理解しようって気にならないのよ。
すごく自分がやっていることを、大丈夫と勝手に太鼓判推していただいた気になりました。

素晴らしい点②具体的!!

吹き出しにある言葉が、それぞれ具体例を含んでいる。
自分のライティングに似ています。
私、今やっているホームページ(歯科医院さん)治療ページは冒頭部に先生とお母さん(ほぼ私、笑)の話を載せています。
自分が経験したこと、困っていること、分からないこと、結構そのまま載せている。笑
そういう方が、親近感沸くし信頼できる(嘘っぽくない、作り話っぽくない)よね。

素晴らしい点③イラスト!!


このイラスト、ジジババを赤ちゃんのように抱っこしているのがあまりにも合点がいきすぎる。
はい、私も絶賛介護中なので、そんな気持ちです。

素晴らしい点④介護をライフステージの一つとしてとらえている

105歳まで生きると想定して、それでライフプランニングしろと。
結婚⇒妊娠⇒出産⇒子育て⇒介護、と、そのつもりでというの、とても合点がいきました。
自分はならないという前提でなく、なるという前提で、ライフプランニングせよと。
と絶賛しつつ、いやあたしは元気なばーちゃんでいますよ、という、なにがしかの自信を持っている、というか認めたくない。笑
でもそのつもりの「胸算用」=「お金」の手はずをしなければいけないということです。
足りなかったら、こうできるよというなんとなくの思いを持っておくことが大事。

ちなみに、ここに乗っていたことは、実はほぼほぼ知っていました。
知ってなかったことが一つだけあって。

マイホーム借上げ制度

まだ調べられてないけど、自分が住んでいたうちを貸しに出して云々というやつらしい。

-ためになった本, 徒然なるままに介護

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【楽しんだ】社会的活動=法事

10月も半ばです。 今日、母方の叔母の一周忌があり、病み上がりの父を連れて参加。 お父さんも9/8に退院して1ヶ月。 社会復帰第一弾、本当は第二弾だけど、任務遂行完了。 んで以前から法事に行っても基本 …

【介護徒然】ショートステイ、行きたくない

辛いよなぁ、こっちも辛い。 ショートステイに行くのに行きたくないと親に泣かれました。 そもそも出るタイミングに立ち合っちゃったのがダメだった。 保育園に行きたくない子供のよう。 なんかね、悪代官という …

【ためになっている本】まくらが来りて笛を吹く/春風亭一之輔

「まくらが来りて笛を吹く」は、面白いですよ。 喋っているような文章の本です。 どうして読むことになったかという話の方が、もっと面白い。笑 娘が都立の推薦入試の面接での想定問題「尊敬する人は誰ですか?」 …

【徒然介護】要介護3(もうほぼ4)の旅行心得

毎年お盆に、一族郎党で都内のホテルに泊まっています。 おそらく5回目くらい。 最初の二回は、母もまだ元気でした。 過去の写真見ると、ちょっと切なくなりますが、でも、行けているだけ、良しとしよう。 そし …

【楽しいかな?】自分の老いは誰かの成長

娘が19歳の誕生日を迎えました。 これくらいの年の誕生日は嬉しいですが、誕生日を迎えるということは1つずつ歳を取っているということ。 親の老いもありますが、自分も老いるわけです。 んで、やっぱり今まで …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!