徒然なるままに介護

【介護徒然】空き家問題

投稿日:

うちの親の介護の話じゃないです。
親の兄弟の話です。

・・・いや~ただじゃ死ねませんね。
そして、死に対して向き合うことは、とても大事です。
イヤだからってふたをすると、こうやって生きている人の手間や時間を取ります。
でも、学校支援コーディネーターをやっている身としては、調べていろいろなことが解決していくプロセスは苦痛じゃなくむしろ飯のタネ(こうやってブログになるんですからね、笑)になるし、パズルが溶けていくようで面白い。

知らないことは怖いこと、セカオワが歌ってましたね。


結構ライティングした医院さんのホームページでも使わせていただいています。笑

で、叔父が亡くなり、その空き家の問題。
一緒に住んでいて介護もしてくれた「いとこ」がいるのですが、亡くなって一年たっても動かず、なぜか母あてに役所から手紙が。
空き家の適切な管理をしてください、という手紙。
実質これから住む人いないので、おそらく解体して土地売却という手順になる。
で、解体に補助金が出るとのお手紙も同封されていました。
それは、空き家撤去のモチベーションになる。
補助金も申請に書類が必要だったり面倒くさいけど、もらえるお金はもらわないと。

ただひとつ、忘れちゃいけないのが母のお父さんであるおじいちゃんが、次男坊である叔父のために用意した家なんです。
でも結婚せず住むこともなく、家主が亡くなったので・・・おじいちゃんの気持ちを弔わないとだめですよね。
なので、もしサヨナラすることになったら、一回現地見に行って、おじいちゃんこういうことになりました、よろしくね、と言ってこようと思います。

-徒然なるままに介護

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【介護徒然】在宅老人ホーム

今日は母の介護度変更に伴う、私が召集の担当者会議がありました。 要介護の家族がいないと分からない単語だよね~「担当者会議」。 介護にかかわる事業者さんが、一同に介して話し合う機会。 で、今回は ケアマ …

【徒然介護】約束の大島へ連れて行った パート1

そもそもどうして行くことになったか? 1今日で今日退院するという父を説得させるため 【家族が入院】退院後の「ポリファーマシー」 で触れたように、8月末にリハビリ病院をすっ飛ばして今日で今日退院すると聞 …

【介護つれづれ】介護度3の父を連れて釣りへ行ってきます

しかも、鹿児島。 クエが釣りたいんですって。 実は、父が常宿にしていたのは八丈島や新島。 でも、一緒に連れて行ってくれる釣り仲間のご贔屓の釣り船の船頭さんがいるから。 東京から釣りへわざわざって思いま …

【楽しんだ】社会的活動=法事

10月も半ばです。 今日、母方の叔母の一周忌があり、病み上がりの父を連れて参加。 お父さんも9/8に退院して1ヶ月。 社会復帰第一弾、本当は第二弾だけど、任務遂行完了。 んで以前から法事に行っても基本 …

【大人も学ぶ】学ぶことが癒しになる?

役所で結構講座などやってるんです。 役所でやすらぎ家族教室ってのがあって参加してきました。 いわゆる家族会?みないなもの。 介護で大変なこと学ぶこと、依存症の何たるか?を学ぶ。 そうしつつ、それぞれの …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!