ためになった本

【ためになった本】臨終の七不思議/志賀貢さん

投稿日:2017年12月26日 更新日:

人が亡くなる時には、いろんな予兆があるようです。
どんどん臓器がダメになって行くそうで・・・。

例を挙げると、喋れなくなる、
なので、私が目指す「死ぬ前の日までビールが美味い」は、なかなか難しい&周りの人が何の心の準備が出来ていない状況なのでしんどい、と言う事。

お医者さんの書いた本は、得てして単語がわかりづらいのだけど、素人でもわかるように書いてあった。
私のライティングのモットーは「中学生でも分かる文章」。
この先生の文章も分かりやすくて、本当に助かりました。

面白かったのが、カラスが鳴くと死期が近い。(死臭がするのではないか?という話もあるが、実際は違う、でもその現象は起きる)
死期が近づくと、見えない人が見えるようになる。(お迎えにくる)
あとスケベになる。(本能的になる)
看護士さんのおしりを触ったりするおじいちゃんもいるそうで・・。

ちなみに「葬式代は用意しておけ」という事でした。
それすらも用意しておかないと、親族が引き取りたがらないケースもあるようで。

-ためになった本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【歯と口の話】全身も診る歯医者だけが、生き残る

仕事柄、歯医者さんの先生とお話しすることが多いんです。 今日、インタビューした先生は、なかなか個性的な先生で・・。 歯に衣着せなさすぎて、聞いているこっちがヒヤヒヤするような事もありましたが(笑)、で …

【ためになった本】 ビリギャルの先生も紹介していた「平気でうそをつく人たち」/M・スコット・ペック(森英明)(草思社文庫)

「平気でうそをつく人たち」 最近では国会らへんにウヨウヨいますね〜。笑 あまり笑い事では、なくなってきていますが。 高圧的な態度の人がいて、恐れ慄いて暮らしている人にとっては、膝を打つ本になります。 …

【タメになった本】大・大往生/鎌田實

正直言って、とても世話になった叔父がなくなって、自分の知っているプロセス(病院で亡くなっても、うちに帰ってくる。お通夜)を経ずのお葬式だったので、ちょっと心の準備が必要と思って、手にとって見た本です。 …

【役に立った本】やっぱり反抗期は正常な発達段階 →毒親の正体/ 水島広子

思わず膝を打ちましたよー。 点が線になりましたよー。 反抗期はバンザーイ、なんですよー! 大人になるプロセスとして必要な反抗期というプロセス 子供が反抗期を迎えるにはなにが必要か? 安心です。 自分が …

【ためになった本】嫌われる勇気

お盆休みを前に、仕事は今、ライティング追い込み中。 もうすごい集中して書くので(別にPCで打ち込んでいるので、鉛筆は持ってないんですよ) 頭が痛くなってきます。 仕事なので、自分の好きなテーマじゃなく …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!