ためになった本

【役に立った本】スタンフォードでいちばん人気のある授業

投稿日:2018年12月5日 更新日:

決めるってさ、たいへんなのよ、やっぱり。
こないだ今までのネット関連や携帯の契約関連の書類を処分するんだって、ほんと気力いるもん。

ルーティン化すると、決めることのエネルギーを浪費せずにすむとのこと。
スティーブ・ジョブズも毎度黒いタートルネックとGパンだったでしょ?
オバマさんもグレーか青のスーツしか着ない、着るものを決めるのにエネルギー使わないんだって。↓

ということで、あたしも朝食メニューのルーティン化したいと思います!てか、もうしてる。
月曜日から
トン汁→パン→トマト雑炊(夏はコーンフレーク)→パン→ウドン
で月曜から金曜までの朝ごはん回しています。

三つから選ぶのも決定疲れ防止にはいいみたい。↓

不動産屋さんの常套手段らしいんだけど、売りたいものがあるときは、わざといろいろ見せて、決定することを疲れさせて、相手の予算のちょっと上のものを最後に出すという定石があるらしい。(笑)
夜中のテレビショッピング戦法(?!)や、スーパーのレジの手前の小さいものも、決定の連続で疲れた脳みそに漬け込んだやり方なんだそうで。

-ためになった本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ために立った本】ヒトは「いじめ」をやめられない

脳みそ@前頭葉が、30にならないと熟成しないって。。 そりゃ、中3男子に落ちつけてのは無理だわ。 さらに、テストステロンというアグレッシブになるホルモンが小学校高学年から中学校までマックス分泌らしい。 …

【ためになった本】臨終の七不思議/志賀貢さん

人が亡くなる時には、いろんな予兆があるようです。 どんどん臓器がダメになって行くそうで・・・。 例を挙げると、喋れなくなる、 なので、私が目指す「死ぬ前の日までビールが美味い」は、なかなか難しい&#0 …

【ためになった本】 ビリギャルの先生も紹介していた「平気でうそをつく人たち」/M・スコット・ペック(森英明)(草思社文庫)

「平気でうそをつく人たち」 最近では国会らへんにウヨウヨいますね〜。笑 あまり笑い事では、なくなってきていますが。 高圧的な態度の人がいて、恐れ慄いて暮らしている人にとっては、膝を打つ本になります。 …

【タメになった本】大・大往生/鎌田實

正直言って、とても世話になった叔父がなくなって、自分の知っているプロセス(病院で亡くなっても、うちに帰ってくる。お通夜)を経ずのお葬式だったので、ちょっと心の準備が必要と思って、手にとって見た本です。 …

【家計虎の巻】医療費助成制度が「消滅」した・・

何のことか?といいますとね・・・ 「子供が病院に行ってもお金掛からないのは、もうおしまいです」 って通知です。泣 住んでいる自治体は、中学卒業までは子供の医療費がタダなんです。 なので、小児科に行くの …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!