こどもの行事の準備 虎の巻 子育てストーリー

要介護3の両親を呼んでの成人式前撮りドキュメント その4 振り返り

投稿日:2022年8月11日 更新日:

前撮りを終えた感想

ああ、こんな準備大変なの、と思います。
片付けの時もああ大変、と思います。
でも、娘のキレイな姿を見ると、まさに嫁にやる親の心境で、やってよかったって思うわけですよ。
ただ、今回準備は、地元のとてもやさしい呉服屋さんに御指南頂いて、本当に心強かった。
美容院でも、どの帯に合わせたらいいか分からないって言ったら、すごい相談に乗ってくれて。

前撮りは、当日の緊張を和らげるためにもいいのかも、予習になるかも、とも思いました。

相談に乗ってくれた呉服屋さんのワンポイントアドバイス

A)草履は、買い替えをお勧め

なぜか?
ママが成人式だったころの草履は、鼻緒が結構痛い。
あたしもそうだったのかもしれないけどよく覚えてない。
ちなみに今回前撮りで長女が履いてたほんの30分間でも痛かったと申しておりました。
呉服屋さんの親切なお姉さんが、教えてくれて。
ここら辺って、普段着物を着慣れない人に接している人じゃないと分からない。
成人式のタイミングは、美容院でヘアメイク&着つけして、その足で成人式にいくでしょう?その後友達とワチャワチャしたりしなかったり。
何はともあれまあまあな距離歩くわけですよ。
草履が痛いだけでもう気分が下がるとのことなので、買おうと思っています。

B)分からないものはなるべくネットで買わない

なぜか?
分からない故、変な物をつかんでしまう事があるから。
今回も、ネットでみて明らかに分かっていたもの(3重紐)は買いました。
でも、補正用ガーゼというのが分からなかった。
なので、近所の商店街の中にある呉服屋さんで「着物の相談、乗ります」というポスター案内があったので相談に乗ってもらいたく電話した。
そしたら、分からないものはネットで買わないほうがいいと言われたんです。
その方が最近買った和太鼓練習キットで「あーしまったー」という思いをしたらしく、その話を電話口でしてくれて、あ、この人なら相談に乗ってもらえる、と思い、一式持って相談に行ったんです。
それで、補正用ガーゼというのも買えたし、話も聞けたし、一挙両得ってなもんです。

-こどもの行事の準備 虎の巻, 子育てストーリー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ストーリー】喪中はがきの返礼の寒中見舞い

今年、喪中はがきが多く、年賀状が出せずにいる人がチラホラ。 年賀状が出したいんじゃなくて、相手ははがきをもらってほっとできる瞬間があったらいいなと思って、寒中見舞いを書きました。 両親とも亡くなったい …

【体験談】旦那がコロナになりまして

12月15日木曜日 朝頭が痛いと言って会社休む。 熱は7度前半なので大丈夫かと思ったので私は出かけて帰ってきたら。。 まさかの旦那が罹患。 今回も東京都のうちさぽ、で、食料はもらいました。 やっぱり助 …

【楽しんだもんがち】コロナ、悲喜交交~学校の行事中止相次ぐ

コロナといえば悲しいことしかないんだけど、 それでほくそ笑んでる不埒な中高生二人。笑 合唱コンクールがなくなって、ウェーイとか言ってる中学生 伴奏だったので重責から逃れられてそれはそれでいいらしい。 …

【子育てストーリー】命の灯をともす

親の具合が思わしくなく、いろいろなことに思いを馳せてしまいます。 (脳梗塞後に抑うつ状態になるのが5~6割ってもっと早く教えてほしかった~!) 命の火が灯されて(受精して)、大きくなって(子供時代)、 …

【ためになった本】 ビリギャルの先生も紹介していた「平気でうそをつく人たち」/M・スコット・ペック(森英明)(草思社文庫)

「平気でうそをつく人たち」 最近では国会らへんにウヨウヨいますね〜。笑 あまり笑い事では、なくなってきていますが。 高圧的な態度の人がいて、恐れ慄いて暮らしている人にとっては、膝を打つ本になります。 …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!