ためになった本

【ためになった本】男が痴漢になる理由/斉藤章佳

投稿日:2018年3月19日 更新日:

こちらの本、子どもたちの目に触れないように、ちょっと気を遣いました。笑

痴漢をする男性は人間関係が苦手で、それが遠因で暴力行為に及ぶ。

コミュニケーションが苦手で他人を尊重できない性質が
ストレスのはけ口を弱いものに求め、相手を征服・支配したという形で露呈したのが痴漢行為・・・

ひどくね?

征服欲とか、そいういのって、一体どうなんだ?と思って、読んだんです。
読んでみると、自信のなささ、自己肯定感のなささ、人のせいにしまくる無責任さ、
そういうところをいつも誰か(おそらく母親)が息子をコントロールして、庇護してという人が、そうなるんだろうなという感想。

でも世の中そんな男子、ゴマンといるよね。
だからと言って、身勝手な理由や、変な動画などの見過ぎで、やっていいという訳ではないよね。
それで、深すぎる心の傷を負った女の人がいるということを知るべきだなと思いました。

とにかく人のせいにしている間は、何にも解決しない。

と、自省してしました。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4781615716/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=sasa34-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4781615716&linkId=9e43cfdb2ebe47d37a8c21b0f5bc90be

-ためになった本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【なるほどな本】とっても今更、「もしドラ」読んだ

図書館でせっせと本を借りて読んでいるんですが、ビジネス書的なものも結構借りて読みます。 一時期はやりましたね~。 もしも高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら 略して 「も …

【タメになった本】大・大往生/鎌田實

正直言って、とても世話になった叔父がなくなって、自分の知っているプロセス(病院で亡くなっても、うちに帰ってくる。お通夜)を経ずのお葬式だったので、ちょっと心の準備が必要と思って、手にとって見た本です。 …

【ために立った本】ヒトは「いじめ」をやめられない

脳みそ@前頭葉が、30にならないと熟成しないって。。 そりゃ、中3男子に落ちつけてのは無理だわ。 さらに、テストステロンというアグレッシブになるホルモンが小学校高学年から中学校までマックス分泌らしい。 …

【睡眠こそ最強の解決策である】寝ることはサイコーの薬

久しぶりに、こんなに付箋つけまくって本読むのはひさしぶり! それと、会社での昼寝の深さが深まった(ぐっすり寝ている感がする)、のは、この本のおかげです。 ぶっちゃけ、子供たちが行っている学校で、ぜひ昼 …

【ためになった本】 ビリギャルの先生も紹介していた「平気でうそをつく人たち」/M・スコット・ペック(森英明)(草思社文庫)

「平気でうそをつく人たち」 最近では国会らへんにウヨウヨいますね〜。笑 あまり笑い事では、なくなってきていますが。 高圧的な態度の人がいて、恐れ慄いて暮らしている人にとっては、膝を打つ本になります。 …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!