ためになった本

【タメになった本】大・大往生/鎌田實

投稿日:2018年10月26日 更新日:

正直言って、とても世話になった叔父がなくなって、自分の知っているプロセス(病院で亡くなっても、うちに帰ってくる。お通夜)を経ずのお葬式だったので、ちょっと心の準備が必要と思って、手にとって見た本です。

死を覚悟するといろいろなものが美しく見えるだけではなく、怖いものがなくなる。
やり残したことがあれば、それをきちんとやっておきたくなる。

そうだと思うよ、ほんと。

自分の最後=葬式は自分で決めておく事は、大事だなと思う。
そうすると、掛かるお金も分かるから自分で準備できるし、残された人もあたしがそうしてほしいって言っていた事だから、遺された側も迷わず葬式を出来るよね。

音楽を掛けてもらうか、可能であれば三姉妹の生演奏がいいな。
最近、そのときの音楽をセレクトするのが楽しみである。
まるで、結婚式のときにBGMを考えていたときのワクワク感。(ちょっと違うけど)

そして、おいしくなお清め(失礼)じゃなくて、ライブクッキング、たとえばお寿司とかね。(これは鎌田さんのパクリです、笑)
ホテルの出前クッキングみたいのでもいいな。
お肉でも、お寿司でも、いいかなあ。

-ためになった本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ためになった本】 ビリギャルの先生も紹介していた「平気でうそをつく人たち」/M・スコット・ペック(森英明)(草思社文庫)

「平気でうそをつく人たち」 最近では国会らへんにウヨウヨいますね〜。笑 あまり笑い事では、なくなってきていますが。 高圧的な態度の人がいて、恐れ慄いて暮らしている人にとっては、膝を打つ本になります。 …

【ために立った本】ヒトは「いじめ」をやめられない

脳みそ@前頭葉が、30にならないと熟成しないって。。 そりゃ、中3男子に落ちつけてのは無理だわ。 さらに、テストステロンというアグレッシブになるホルモンが小学校高学年から中学校までマックス分泌らしい。 …

【ためになった本】臨終の七不思議/志賀貢さん

人が亡くなる時には、いろんな予兆があるようです。 どんどん臓器がダメになって行くそうで・・・。 例を挙げると、喋れなくなる、 なので、私が目指す「死ぬ前の日までビールが美味い」は、なかなか難しい&#0 …

【ためになった本】人間は9タイプ/坪田信貴

この本はですねー。 普段の本の入手ルートが専ら図書館の私ですが、買いたくなった本です。 坪田さんの書いた「ビリギャル」も読みました。 それを読んだときも思ったことですが・・・「やっぱり分かりやすい&共 …

【睡眠こそ最強の解決策である】寝ることはサイコーの薬

久しぶりに、こんなに付箋つけまくって本読むのはひさしぶり! それと、会社での昼寝の深さが深まった(ぐっすり寝ている感がする)、のは、この本のおかげです。 ぶっちゃけ、子供たちが行っている学校で、ぜひ昼 …