ためになった本

【ためになった本】家事か地獄か/稲垣 えみ子さん

投稿日:2024年5月16日 更新日:

ハウツー本、みたいな感じもするんだけど、家事の基本、何でやらなきゃいけないの?
そして「老い支度」の本にも見えます。

そしてね、うちに「ほうき(嫁入りの数日前、母に京橋の白木屋伝兵衛に連れていかれ購入)」と「塵取り(プラスチックのは静電気でほこりがくっつくので、生協で柿渋の塗ってある紙製のものを購入していた、忘却の彼方でした、汗)」があったことを思い出させてくれた!
新しい家電を買うことに躍起になることは、永遠にお金を使い続けることを意味する訳ですよ。
最近の家電は、耐久年数が低いと私は思うんです。
すなわち、買い替えをいつ頃になったらしなさいよ、という無言の、いや有言の圧力。笑

私が知っている素晴らしい家電は、子どもの頃に実家で使っていたトースター。
鋼板が厚くて丈夫、そして何よりも素晴らしかったのが上の電熱線が上下する!

ちなみにこの本、サブタイトルが
「最期まですっくと生き抜く唯一の選択」
です。
「最後」ではなくて、「最期」、ですよ。

稲垣さんのお父さんがすごく社会とかかわっていないと気が済まない方だったのが、コロナで外出しなくなってからすごく弱気になっちゃって。

そしてね、この稲垣さんの本の何がいいか?
新聞記者さんやってたのに、文体がフランクなところ。(だって、新聞ってお堅いイメージがあるじゃないですか?)
私の目指すところであります!エッヘン!
なんか、自分の文体、これでいいんだよと、背中を押してもらえている気がする。
私はもともと本をジャンジャン読む人ではないので、正直、活字、文字、にはアレルギーまで行かないけど苦手意識がある。
いっぱい本(文学作品)を読んでいる人の前では、ライターのくせしてひれ伏すしかない。
流麗な文章は書けません、が、分かりやすくて頭を使わない文章にすることには、ムッチャ腐心しています。
そして、自分のことを「ヘナチョコ」とか言っちゃうところ。
俗語バリバリ活用していて、共感します!うほほい!

なので、タイトルで思わず「さん」付けしてしまいました。

-ためになった本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【徒然介護】超わかりやすい!知っトク介護 弱った親と自分を守る お金とおトクなサービス超入門

これ!すばらしい!一気に読めた! 素晴らしい点①分かりやすい!! こんなにわかりやすい本なかなかないです! やっぱりさ~字だけじゃダメなのよ! 理解しようって気にならないのよ。 すごく自分がやっている …

【学んでるぜぃ】私が本を読む理由

図書館で借り続け、結構途切れず紙の本を読んでます。 今読んでるのはブランクページ、という内田也哉子さんの本。 おとーさんは内田裕也、おかーさんは樹木希林、旦那はもっくん、すごいうちだ。 まあそれはさて …

【ためになった本】数値化の鬼 〜失敗は貴重な情報

タイトルだけ見ると、えらいおっかない。笑 数値化の鬼 識学というのがあることを、入れ歯屋さんの社長のヒヤリングで教えてもらい、少しずつ本読んでます。 図書館で借りようと検索したら、予約している人多く、 …

【ためになった本】思考は具現化する/ナポレオン・ヒル

実はこの本を読むのは二度目です。 (ちょっと自己啓発系って胡散臭いし、こっぱずかしいんですけれど) どうして二回目に挑んでいるか? 受験の結果も「思考は具現化する」なのか?と思ったからです。 てか、受 …

【歯と口の話】全身も診る歯医者だけが、生き残る

仕事柄、歯医者さんの先生とお話しすることが多いんです。 今日、インタビューした先生は、なかなか個性的な先生で・・。 歯に衣着せなさすぎて、聞いているこっちがヒヤヒヤするような事もありましたが(笑)、で …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!