楽しんだモン勝ちストーリー

【楽しんだモン勝ち】あいさつ=相手の存在を認めるコトバ なんです

投稿日:2017年1月16日 更新日:

今日は寒い朝でしたが、娘が通う小学校の旗持ち当番の日。
旗持ち当番とは、「通学路の危ない交差点などに立って子供を誘導し、車に誘導し、挨拶をするPTAの当番」です。

道端の霜柱を大人だてらにシャリシャリ踏んだりして。
ここが楽しんだもん勝ちポイント。笑

早めの時間に登校する子、結構遅い子もいて、今朝起きてから「どんなやりとりを親としてきたのかなぁ」と想像することしきり。

挨拶しても返ってくる子、返ってこない子がいます。
帰ってこないと、ヘコムことがあります。
でもこちらはイッパシの大人ですから、挨拶して知らんぷりされるのはデフォルト、返ってきたらラッキーくらいに思っておく。
そうすると「楽しんだもん勝ちポイント」はアップします!笑
何ももらえませんけどね。
でも、その日1日いい気分で過ごせます。

面白かったのが、全然関係ない大人に挨拶したところ、結構な確率で挨拶もしくは会釈が返ってきたんです。
というのも、その旗持ちポイントはゴミ取集所のすぐ脇。
(人=わたしがいるのでゴミを漁りたいけど近づけないカラスが、何匹も近隣のうちのテラスや電線まで来ていました。)

挨拶=相手の存在を認める=地域で「無責任」なことがしづらくなる、という素晴らしいスパイラルが生まれるのではないかと実感しました。

「無責任」な事とは、この場合はゴミ出しの仕方です。
ネットもかけないでポンと置いていく人も中にはいます。
カラスの格好の獲物になりますよね。

また、一人暮らしの人が多いマンションはコンビニ弁当も多いのでしょう、1人の持ってくるゴミの量が思いのほか多いのです。
5人家族のうちより多い。
それは、寒空の下40分くらい立っていたから分かったことです。
例えば、紙ゴミや卵パックなどを分別すれば、もっとごみの量を減らせんじゃないか?とか考えてたらいいな、など淡い期待を抱きます。
挨拶されちゃったら、「無責任」なことができないという意識が働いてくれたら

一人暮らしのココロが荒んでいるかもしれない男の子が、近所のおばさんの「おはようございます!」(オバサンじゃだめかもね。笑)で少しでもあったかくなってくれたら、良いな思った、月曜の朝でした。

-楽しんだモン勝ちストーリー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【楽しんだもん勝ちストーリー】今度は自分の健康について考えよう

健康診断を随分すっ飛ばしていたので、今年はいよいよ受けようと思います。 そこで、普通の健康診断で40過ぎるとマストになるバリウム、胃のレントゲン。受けたくないし、あまり用が足りないという話も聞きます。 …

【楽しんだもん勝ち】AIに勝てると思ったこと

今日は三女の小学校の学芸会と、長女の学校説明会がありまして。。 AIに人間は勝てると思った日でした。 なぜなら 人/機械 という括りで、人間にゃかなわないとしみじみ思ったのです。 1.ピアノ/録音 学 …

【楽しんだもん勝ち】やっぱり自分の書きたいことを書きたい

なかなか難しいですよ、そうはいっても。 でもね、自分の思ったことを書き連ねることほど、気持ちのいいことはないんです。 アートとデザインの差、みたいな話を、そういえばなんかで見た記憶があります。 アート …

【家計管理】富士そば会長に学ぶ~お金って大事なんだわさ

知恵泉(NHKのEテレ、毎週火曜22時放送)に出ていた、富士そばの社長の話。 富士そば会長 丹道夫さん 富士そばは、アルバイトにもボーナスや退職金を出すそうで。 HP、思わずチェックしてもた。 富士そ …

【子育てストーリー】反抗期は正常化な発達段階!?

今日入学式のおうちもあるかと思います。 今朝、やっと桜が満開に近くなってきた近所の桜並木で見かけた光景。 真新しい制服姿の女の子とご両親が歩いていました。桜並木を背景に、我が子と家族写真を撮りたがるお …