楽しんだモン勝ちストーリー

【楽しんだもん勝ち】新高輪プリンスクラブフロアを使い倒す

投稿日:2018年8月17日 更新日:

お盆っていうと、どこかへ出かけなくちゃ!的な焦燥感に苛まれますよね、笑。
でも、車で出かければ渋滞、電車も混み込み、行った先も混んでいるうえに料金が高い。

はっきりってうんざりです。

実家や田舎があって、親戚が集まるから帰らなきゃならない、そのタイミングでしか会えない人や集えない人がいる場合は行くべきです。

が、ただ、休みだから、みんな出かけているから、と遠出をするのはどうも違和感がある。

なので、遠出しないで、近場で、しかも品川。笑

そんな近くでどないするねん?
って思われると思うのですが、
お庭がいい!
癒されます。
それと、プールサイドにも緑がいっぱいあり(ダイヤモンドプールの方ですよ)
これまた癒されます。

クラブフロアというのがあるんです。
ちょっとお高めの。
でも、ラウンジがあってフリードリンクだったり、朝ごはんも無料(ラウンジで食べられらる)プールもジャグジーもタダだったりと、結局安くつくじゃん!と、ストレスフリーなのがいいんです。

チェックインは14時だけどその前からプールに入れる

だけでなくて、お部屋のクリーニングが終わっていれば、昼前後からは入れることもわかりました。
かつ、ラウンジも使用OKということ!
ただ、お部屋のクリーニング状態は、その時でないとわからないので、必ず入れるとは限らないので、そのつもりで。

結局昼ジャストくらいにラウンジに入れちゃったので、デニッシュなどのパンとコーヒー、ジュースなどが飲めたので、それでお昼は完了。笑
ただし、同じ冷蔵庫にあっても、アルコールは17時からです。

飲みたかった~(と、隣に座っていたおねーさんも言っていた、笑)

プールは10時から

結局チェックイン前おtチェックイン後も入ったのですが、やはり、オープン直後つまり10時がすいています。
お盆でも、そんなに混み込みじゃないまあまあの人口密度でした。
実は、新高輪にお盆に泊まるのは、3回目。
今までで一番プール混んでいなかったな、という感じです。

ちなみに、バスタオルも、浮き輪も無料で貸してくれます。
と、プールサイドで飲み物や食べ物が食べられるレストランがあり、そこ

デッキチェアも無料で貸し出ししてくれます。
おススメは、屋根の下。
焼きたい人は別ですが、暑さをしのぐには、屋根の下がゆっくり昼寝もできておススメです。
デッキチェアにふかふかのクッションもつけてくれます。
ただし数に限りがあるので、早い者勝ちです。

この上の二つは、スカイプールという子どもも入れるプールの事です。

ダイヤモンドプールというもう一つのプールがあります。
コチラ、16歳以上じゃないと入れません。
今まで子供たちが小さかったので、トライできていなかったのですが、今年初挑戦。
カップルばかりで、やんなっちゃいました。笑
でも、バッチリ泳ぐではなく、プールサイドでのんびりしたいという方にはいいと思います。
コチラもタオル貸し出しあります。

ジャグジー

というか、大浴場ですね。
ドライサウナとミストサウナがあります。
何がいいって、バスタオルもハンドタオルも使い放題、というか、まあ、タオルを持たずに手ぶらで行けるっていうこと。
プールも一緒ですが、やっぱり楽!
ご飯食べに行ったついで、買い物出たついで、に、寄れるのはいい。
こちらさくらタワーの地下一階なので、一回外に出るのですが、それがお庭経由なんです。
そのお庭がまたいいわけですよ。

無料マッサージ椅子@リラックスラウンジ(さくらタワーB1F)

ジャグジーの手前に、新聞などが置いてある休憩室があります。
こちらに無料マッサージいすが2台!!
無料ですよ、無料。
新聞も置いてあります。

お庭を愉しむ

これが東京にいながら旅行気分を味わえる肝ですね。
気持ちがいいんです。
別に散策するとかでなくても、ジャグジーに行くときに通るので、それだけでもリフレッシュできます。

ラウンジを使い倒す

あるものは、飲み放題食べ放題。
ラウンジからプールが見えますよ~。
混んでいる混んでないが、一目瞭然です。

ティータイム

結局チェックインの時間の2時より前も使わせてもらえました。

朝ごはん


7時から可能です。
ご飯も味噌汁もありました。
ラウンジの朝ごはんだからって、なめちゃいけません。
ライブキッチン的なものはありませんが、でも、トロトロのスクランブルエッグもありますし、カリカリベーコンや、温泉卵。
パンの種類もありますし十分です。

なによりも、今年からクラブフロアにしようと思った最大の理由、朝混まない!
1Fにあるブッフェが混んでたんです、去年行ったとき。
並ばなきゃいけない、いろいろ選べるけど広すぎて結構な距離を行ったり来たりしなくてはならない。
自分はともかく、70代の親にとってはさぞかし面倒くさいだろうなと思ったのです。

ちなみに、クラブフロアのラウンジは、そんなに広くありません。
でも、混んだ場合、廊下の向かいの予備の部屋も用意してくれます。
なので、安心してください、座れますから。笑
下のビュッフェはいろいろな選択は確かにあったのですが、並ぶし混むし、もうちょっとうんざりだったんですね。

実は、4月に予約した時より、7月の方が同じプランで値段が下がっていたんですね。
それを見つけちゃったんですよ。笑
なので値段交渉したら、考慮していただけました。
ありがとうございました。

-楽しんだモン勝ちストーリー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【楽しんだもん勝ち】大人になるという事は、自分で決める、決断できるようになる事

という意味では、うちの次女は、大人っすよ。(笑) なぜなら、自分の進路を自分でウンウン唸って決めたから。 なんか人から嫌なことされると、そのことでグルグル回って前に進めないけど、 楽しまないとね。 と …

「ラテマネー」って何?⇒それについて書いてある本が地元の図書館になくても借りられる裏技ご紹介。

自動的に大金持ちになる方法 オートマチック・ミリオネア ちょっとタイトルが恥ずかしい。。笑 まだ読んでいないんです。 読みたいからって、買いませんよ~。笑 ネットにある情報をつまみ食いするよりも、自分 …

【楽しんだモン勝ちストーリー】自分の好きことを書くのが一番

いやあ、仕事のライティングは、好きなことばかり書いて(正確にはパソコンで入力するので書いているわけではないのですけれどね)いるわけではありません。 でも、ひと段落すると、こうやって徒然なるままに、ライ …

【楽しんだモンがち】高野優さんの講演会行ってみた

まさに楽しんだモンがちじゃないけど、子育てエッセイの先駆者、先駆け、師匠、な高野さん。 テレビでは何回かみたことあるし、漫画も長女が生まれる前にお隣さんから借りて、読んで、出産後産院でビール飲んでた場 …

【親子で学ぶ】唸るほど難しいライティング

仕事で久しぶりにうなるほど難しいライティングをしております。 分からない単語を調べて、ちょっとやそっとじゃ理解できないから何回も読みなおして、ウーウー唸りながらのライティング。 ここまでしんどいのは初 …

最近のコメント

    子育ても自分も楽しむためのティップス満載!